NMB48とニコニコユーザー出演者が吉本新喜劇で爆笑共演
今年7ヵ所目となる「ニコニコ町会議 全国ツアー2017」は、大阪府吹田市の「大阪文化芸術フェス2017」との共催となり、その模様はニコニコ生放送で中継された。 イベントでは、ニコニコの様々なジャンルで活躍するユーザーと地元ユーザーとの交流をはじめ、地方ならではの文化や特産品の紹介などを行い、ニコニコ生放送を通じて大阪府吹田市の魅力を全国に発信した。会場来場者は2万1,000人、ニコニコ生放送の視聴者数は19万7千8百人となった。 今年最後のニコニコ町会議では、あいにくの雨模様となったが、会場にはオープニング前から多数のニコニコユーザーが集まり、熱気に包まれていた。オープニングステージには今年で4回目の登場となる大阪府府民文化部長の岡本圭司氏、そして今回が3回目の登場となる西川きよしが登壇。西川は「毎年呼んでいただいてありがとうございます。晴れ男なんですけどね」と挨拶され、目を見開いて「これが噂の3Dです。次回は4Kで来ますから!」と持ちネタを披露。会場とニコニコ生放送視聴者を笑わせていた。その後、西川さんのネタに合わせてテープカットを行い、いよいよニコニコ町会議が始まった。 町会議では、ユーザー出演者によるパフォーマンスステージや町歌ってみた、町踊ってみたといったユーザー参加型の企画の他、「かまいたちに続け!!発掘ナニワのNEXT笑キング」「吉本町新喜劇」「NMB48バラエティステージ」といった大阪ならではの企画を実施。かまいたちやモンスターエンジンといった人気芸人も多数登場し、ステージを盛り上げた。 中でも「吉本町新喜劇」は、吉本新喜劇に出演しているよしもと芸人が実際に登場し、吉本新喜劇をステージで披露。さらに今回、特別にNMB48メンバーやニコニコ動画で活躍するユーザー出演者も出演し、ここでしか見ることのできないスペシャルな共演が実現した。目の前で繰り広げられる吉本新喜劇に、会場からは何度も爆笑が、ニコニコ生放送視聴者からも「面白いwwww」「おなか痛いwwwww」「笑いとまんないwwwww」といったコメントが書き込まれていた。 モンスターエンジンが司会を務めた「NMB48バラエティステージ」では、NMB48から7名のメンバーが出演。「私だけが知っている大阪の観光スポット」や大阪名物の食レポなどの企画で会場を大いに盛り上げた。 エンディングにはサプライズゲストとしてレイザーラモンRGが登場し、「ニコニコあるある」を披露して会場の盛り上がりも最高潮に。最後は出演者全員で人気ボーカロイド曲『千本桜』を合唱し、大歓声と熱気に包まれた中でニコニコ町会議は幕を下ろした。