林部智史 “1曲入魂”の手法でじわじわ浸透、ベスト10返り咲き
6月28日にリリースされた林部智史サードシングル『だきしめたい』が、10/30付オリコン週間CDシングルランキングで10位を獲得した。『だきしめたい』はリリース直後の7/10付で10位を獲得し、林部智史にとって初のベスト10入りを果たしていたが、発売から約4ヶ月を経て再びランクインすることとなった。 昨年2月にリリースしたデビュー曲『あいたい』もロングセールスを続けて楽曲が浸透していった作品であり、発売から約1年を経て最高位11位(2017/1/16付)を獲得し、14万枚を超えるヒットとなった。 『だきしめたい』は、10月18日にカップリングを新たに収録したスペシャル盤とデラックス盤をリリース。カップ リング曲には、先日発表となった坂本九役でのドラマ出演情報に合わせた『見上げてごらん夜の星を』や、テレビ東京系 「THEカラオケ★バトル」にて2015年間チャンピオン大会で100点満点を叩き出した『サイレント・イヴ』(オリジナル= 辛島美登里)などのカバー曲が収録されている。スペシャル盤には、初回封入特典として地元山形の熊野大社で祈祷を行 った特製ハンカチーフが同梱され、デラックス盤には、林部初のライブ映像を収録したDVDが付属されている。 シニア層からも多くの支持を受けている林部智史は、1曲を大切に長く歌い続け、じっくりと楽曲を伝えていくスタイルを大切にしている。全国のショッピングモールで通りすがりの買い物客に対して歌声を届け、時に被災地を訪問し支援のライブを行い、地道であっても歌をダイレクト届ける活動も積極的に行なっている。移り変わりの激しいポップスの世界で、1曲入魂と言う林部の手法は今時珍しいスタイルではあるが、だからこそじわじわと浸透が進み、ロングセラーとなっているのかもしれない。 現在林部は11月中旬まで続く全国ツアーの真っ最中。年末に向けて、ますます大きな活躍が期待される。