欅坂46、歴代シングル衣装で登場 渡辺梨加はMCからツッコまれる
ロッテ「キシリトールガム」発売20周年プロジェクト「COME ON! ENERGY!-嚙もう!未来に向かって-」の開催イベントが都内で行われ、欅坂46の佐藤詩織、渡辺梨加、渡邉理佐、守屋茜、菅井友香、土生瑞穂が出席した。 イベントとして欅坂46の衣装展「欅坂46UNIFORM MUSEUM supported by XLTOL20th」が開催されることで、それに先駆けて佐藤がデザインした衣装をはじめ、渡辺、渡邉、守屋、菅井、土生は欅坂46の歴代シングル曲の衣装を着て登場した。 自信が手掛けた衣装を着た現役女子大性の佐藤は「各所に欅坂らしさが出るように意識をして、三角形のマークを散りばめたり、緑を意識した衣装にしてみました」と説明し。『サイレントマジョリティー』の衣装を着た渡辺は「ファーストシングルの時の衣装です」と話すと司会者から「みんな知っていますよ」と突っ込まれて場内を沸かせた。 『世界には愛しかない』の衣装を着た渡邉は「デビュー曲の『サイレントマジョリティー』の時と変わって可愛さもありつつ、欅坂のカッコ良さもある感じですね」とアピールした。『二人セゾン』の衣装の守屋は「秋に発売したシングルだったので、エンジ色の色味があったりとか回転した時のスカートの広がりがすごくキレイだった印象があります」と振り返った。『不協和音』の衣装を着た菅井は「襟が無かったり、ウエストがキュッと締まって見えるところが気に入っています」と喜んだ。 明日(10月25日)発売の5thシングル『風に吹かれても』の衣装を着た土生は「今までの衣装はスカートだったので、今回はガラッと変わってスーツを着させてもらいました。これまで着ることが無かったので新鮮です。実は手首の辺りに三角の欅のマークが隠されているんですよ」と明かした。メンバーが別々の衣装を着て出てくることは極めて珍しいことであり、衣装の夢のコラボレーションが実現した。 本日披露した佐藤のデザインした衣装と歴代シングル曲の衣装は、10月24日から30日まで東京・原宿竹下通りDisplay Windowにて展示される。