夢みるアドレセンス ハロウィンメイクで山手線渋谷駅ホームをジャック
夢みるアドレセンスが自撮り写真加工アプリ【MakeupPlus】【BeautyPlus】のイメージモデルとして起用された巨大広告が本日より渋谷駅山手線ホームをジャックしている。 夢みるアドレセンスメンバー:荻野可鈴、志田友美、小林れい、京佳がそれぞれ妖艶にかつド派手にハロウィンメイクされた広告は早朝から渋谷駅ホームを歩く人々が振り返るほどの大きなインパクトをあたえている。クリエイティブデザイナーには音楽や広告、ガールズカルチャーのクリエイティブを中心にグラフィック、映像、アニメーション、テキスタイルデザインなどを用いたグラフィカルで明快な表現を得意とするKASICOが手掛けている。 とにかくかわいいいアイドルとして評される彼女たちがハロウィンコスメで美しく妖艶に化ける広告看板はファンのみならず誰もが目を引くビジュアルで早速ネット上でも話題に。夢アドメンバーのSNS上でも早速アップされており「普段とまったく違う夢アド4人の表情にキュンとなる!」「おしゃれ!!カッコイイ!!」「今年のハロウィンはMakeUp Plusで決まり!」などの声が続出している。 アイドル活動だけでなく、モデルやMC、グラビアなど各方面へも幅広く活動している夢アドなだけに、今回の渋谷駅広告ジャックをキッカケに今後の更なる活躍が期待されている。 夢みるアドレセンスは現在、新メンバー候補生オーディションを開催中。11月15日リリースの両A面シングル『20xx / Exceeeed!!』に封入される投票券で一般投票による新メンバー決定のシステムでも話題を呼んでいる。 【MakeupPlus】は、一瞬で顔写真に自然で綺麗なメイクをしてくれる自撮りアプリ。今年のハロウィンに、メイクアッププラスは「HalloweenTrain」をテーマとしてオンラインキャンペーンを開催する予定でユーザーはメイクアッププラスで簡単に世界各国のハロウィン仮装を楽しめて、ハロウィンパーティーに参加することができる。是非、#メイクアッププラス#HalloweenTrainをつけてInstagramかTwitterにシェアしてみてはいかがだろうか。