lol「HOKURIKU Girls girls FESTIVAL」で新曲初パフォーマンス
若年層を中心に人気を博しているlol-エルオーエル-が10月22日(日)、富山市総合体育館にて開催されたライブ&ファッションイベント「HOKURIKU Girls girls FESTIVAL 2017」(HGGF2017)に出演した。 2nd single『ladi dadi』が会場に流れ、メンバーの小見山直人が「HOKURIKU Girls girls FESTIVALにお越しの皆さん、盛り上がっていきましょう!」というMCでライブがスタート。メンバー全員がダンスとヴォーカルを担当するlolならではのキレのあるダンス、迫力あるパフォーマンスに魅了された。 その後MCでは佐藤友祐が「あらためましてlolです!富山県で行われるファッションイベント出させて頂くのはこれで2回目ですが、呼んで頂きありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝えた。 12月6日リリース、初バラード曲、遠距離恋愛をテーマにした『アイタイキモチ』、前向きな応援ソング『nanana』をライブ初披露。ライブ終盤に披露したのは12月6日リリースの6th singleから『アイタイキモチ』、『nanana』もライブ初披露。『アイタイキモチ』ではメンバーのhibikiが「私たちlolの初バラードで、遠距離恋愛をテーマにした楽曲です」と伝え、今までのlolにないしっとりとした楽曲に観客の視線はくぎ付けとなった。最後の曲は新曲『nanana』。こちらも初披露楽曲とのことだが、こちらの曲はアップテンポ調の曲調で「lol」らしい楽しくノレる楽曲でこの日のライブを締めくくった。 mocaがlolとして初ランウェイこの日のlolはライブだけでなくモデルとしても活躍。こうどうようぢプロデュースのブランド「DING」のステージでmocaがランウェイデビューを飾った。 ムラサキスポーツステージではELT伊藤一郎とランウェイを歩き大きな歓声がライブパフォーマンスだけではなく、モデルとしての活動にも注目したい。