Q’ulleツアーファイナル Zepp DIVERCITYが興奮の坩堝
ニコニコ動画「踊ってみた」出身のガールズ・ロックダンス・ユニットQ’ulle(キュール)。今年4月より開催されていたQ’ulle Live Tour 2017「Re:birth」ファイナルZepp DIVERCITY公演が本日行われた。 20都市23公演を巡りひと回りもふた回りも大きくなり4月ぶりの東京での公演。オープニングではCO2でステージが隠される中、浮かび上がるメンバーのシルエット。まなこの手を振り下ろす合図とともに『DON’T STOP』が鳴り響く。1曲目から会場のボルテージは最高潮に達し、ゆずきの「今日はアンコールねーからな、あっという間に終わっちまうぞ」という煽りをきっかけに怒涛のように『MONSTER』『Reset』『UNREAL』『NOT』とQ’ulleのラウドな人気曲が続く。 『キミと僕』ではまなこのアコースティックギターとともに初のアコースティックアレンジを披露。それまでの流れから一気に感動的なムードになる中、続く「PROMISE」はやっこの23公演で磨かれたラップで温かい雰囲気に。 そして本ツアー各地で行われたファンミーティングでファンから募った歌詞を元に制作した新曲『Tasuki』を初披露し会場が一体となる。さらに続く「SHOUT IT OUT」ではファンからのサプライズで一斉にケミカルライトをつける演出が。 Q’ulleメンバーもこの演出には驚きを隠せない中、「私たちからもサプライズ用意したよー」というゆずきのMCから、いとくとら作詞の本公演2つ目の新曲でラウドナンバー『Pain』の初披露を皮切りに激しい楽曲が続き、あっという間に本公演、本ツアー最後の楽曲『アルカライト』に。星空をイメージした背景をバックに見事に歌い上げた。 Q’ulleはavex移籍後初、待望のメジャー第1弾フルアルバムが2018年1月17日にリリース決定。2017年4月に発売し念願のTOP10入りを果たしたメジャー第1弾シングル『DON’T STOP』、日本テレビ系「バズリズム」POWER PLAYにもなった『DRY AI』に聴きごたえたっぷりの新曲を加えた全12トラックを収録。 通常のCD盤に加え、本公演のライブ映像をノーカットで完全収録し60分を超えるツアードキュメンタリーを収録した【CD+LIVE盤】、さらにはライブ映像・ドキュメンタリー・Video ClipをBlu-rayで楽しめる超豪華【初回生産限定盤】もリリースと、メジャー第1弾アルバムにふさわしいファンヨダレものの大ボリュームとなっている。 2017年、avex移籍という転機を迎え、結成3周年を迎えたQ’ulle。全国20都市23公演を駆け抜ける自身最大規模のツアーを敢行して進化の年となった彼女たちから目が離せない。 Photo by 中島たくみ / HAJIME KAMIIISAKA