多田愛佳 初のグラビアDVD「顔が100点なので満点です」
4月にHKT48を卒業し、現在は舞台を中心に活躍中の多田愛佳が、1stDVD『夏と愛佳と、、、』(イーネット・フロンティア)を発売した。 7月にバリ島で撮影された今作は、AmazonアイドルDVDランキングで1位を獲得。大ヒットとなった今作の仕上がりについて聞かれると「まさか自分がグラビアのDVDを出すとなんて思っていなかったので、ちょっと不思議な感じです。採点すると顔が100点なので満点です。ファンの人がイイって言ってくれたらさらに120点とかになっていくんじゃないかなと思います」と自画自賛した。 そんな大満足の今作で一番のオススメのシーンは「全部がオススメなんですけど、白い水着を着て花と戯れているのがすごい好きです」と紹介。これまで誌面でのグラビア経験はあるが、動画撮影は初めてだったという多田。「写真でしたら細かく指導してもらいながらポージングとかできますけど、ムービーだったのでアラが目立っているような気がするんですよ。修正がいい意味でも悪い意味でもできないので、頑張らなきゃいけないと思って苦労しました」と振り返った。 デビュー作をかつて所属していたAKB48やHKT48のメンバーには見せたのかと聞かれると「みんなに会っていないのでわかりませんけど、昨日福岡でイベントをやらせてもらった時に、HKT48の後輩で、私のファンと言ってくれている今村麻莉愛ちゃんがDVDを買って来てくれたんですよ。そこで握手もしてお話しもしました」とまさかの対面を果たしていた。 HKT48を卒業して恋愛が解禁となったが「彼氏ができないんですよ。今後が心配です。舞台をやっているので出会いはあるかもしれませんけど、理想が高いんですよ。私に相応しい人が現れないんです。30代~40代くらいの年上がすごい好きなんですよね。ファンの方でそのくらいの年齢の人は多いですけど、卒業してもファンとの恋愛はご法度だと思っているので、そこは越えてはいけないところだと思っています」と力説。 同期の渡辺麻友がAKB48を卒業することについて聞かれると「時の流れを感じますね。私がAKB48に合格したのが11歳で、デビューが12歳なんですよ。今年で23歳なので、あれから12年くらい経っているんですよね。もう同期がゆきりん(柏木由紀)ひとりになってしまうんですよ。でも3期生の同期として在籍してくれているのがすごい嬉しいです」と語った。 今後は女優を中心とした活動がメインとなるそうだが「まだまだですけど、DVDと同じ100点を付けれるような自信が持ているお芝居ができたらいいなと思っています」と意気込んだ。