YOSHIKI舞台挨拶「倒れるその瞬間まで」語るも無念のドクターストップ
YOSHIKIが滞在先のイギリスでドクターストップの診断を受け、翌日アイスランドで予定されていた舞台挨拶を急遽キャンセルする事態となった事がYOSHIKIのソーシャルメディアで発表された。 現在、X JAPANドキュメンタリー映画「WE ARE X」のヨーロッパ劇場公開に合わせ、プロモーションの為に欧州各地を訪問しているYOSHIKI。12日のドイツ・ベルリンを皮切りに、イタリア、オーストリア、オランダ、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、イギリス、アイスランド、そして最終日のフランスまで、全10カ国11都市を、13日間で回りきるという超過酷なスケジュールで、予定は連日分刻みで詰め込まれているという。 次の都市に移動するやいなやメディア取材がスタートする毎日で、ドイツ「ZDF」やイギリス「BBC」、イタリア「バニティフェア」、フランス「ローリングストーン」等、ヨーロッパの主要メディアをはじめ、毎日数十本ずつ、この数日間で約110本以上の取材をこなしながら、夜は各地でのプレミアが行われる劇場へと足を運んできた。 国から国への移動と取材を繰り返し、自身の体にムチを打ちながら過密スケジュールをこなす毎日で、その無理がたたったのか体調が優れずにいたYOSHIKIに、ツアー開始から9日目のイギリスで現地の医師から遂に、数日間の休養が必要との診断が出てしまったのだ。 術後まだ5カ月あまりのYOSHIKIの体に、ここ数日間の不眠不休の環境はあまりに酷だとの医師からの診断だったという。そのため、翌日21日に予定されていたアイスランドでのプレミアは急遽キャンセルせざるを得ない状況となってしまった。 連日放送されている、ニコニコ生放送『YOSHIKI CHANNEL』での中継インタビューの中で、「倒れるその瞬間までがんばるから。」と、数日前ファンに向かって語りかけていたYOSHIKI。常にファンの事を第一に考えてきたYOSHIKIにとって、今回のキャンセルは苦渋の決断だったはず。いつかリベンジの機会がある事を強く望んでいるという。 医師の指示を仰ぎながら数日間の休養をとり、欧州プロモーションツアー最終日となる、フランス・パリのプレミアには出席する模様。そして、ツアー終了後その足でYOSHIKIは日本へ帰国し、29日に行われるVAMPS主宰の「HALLOWEEN PARTY 2017」には、予定通り出演するようだ。コンディションを整え、元気な姿で帰国するYOSHIKIを、日本のファンは心待ちにしている。