MIYAVIのギターで三浦大知が超絶ダンス、MV監督は三池崇史
11月8日にアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.2』リリースが決まり、アルバムのリード曲、三浦大知との『Dancing With My Fingers』が先行ダウンロード配信され、iTunesロックチャート1位を獲得。三浦大知とシシド・カフカと3人が揃って、NHK「SONGS」出演も発表され話題となっている、サムライ・ギタリストMIYAVI。 そんなMIYAVIの『Dancing With My Fingers』ミュージック・ビデオが公開となった。MIYAVIのギターに、呼応するかのように、三浦大知が超絶ダンスを披露している。さらに、ミュージック・ビデオの監督は三池崇史。MIYAVIと三池崇史監督は、今年4月に公開した映画「無限の住人」主題歌を楽曲提供してからの縁となる。 このミュージック・ビデオに対して、MIYAVIは「サムライ・セッションズ、第2弾。今、日本で一番熱いシンガー、表現者達とがっぷり四つで創らせてもらいました。そして今回、一発目、シングル“Dancing With My Fingers” は、三浦大知くんとのコラボです。お互いの持つパッションのぶつかり合いとそのケミストリーを感じてもらえれば幸いです。」とコメントしている。 『Dancing With My Fingers』に対して、三浦大知は「デモが届き『Dancing With My Fingers』というタイトルを見て音を聴いた瞬間に、これは2人でしか作れない最高の一曲になるだろうと確信しました。Liveや番組で一緒にパフォーマンスをさせていただく度にMIYAVIさんのギターで歌い踊るのが毎回楽しかったので、遂に2人のオリジナルを作る事が出来て嬉しいです。誘っていただき本当に有難うございました。沢山の人の耳に心に届く事を願っています。」とコメントしている。 このミュージック・ビデオを監督した三池崇史は「最高に楽しかった! 『本物』×『本物』の撮影現場は言葉のいらない楽園だった」。さらに三池監督は「この世には本当に凄い奴らがいる!これ観て聴いて感じて、心踊らせ明日に走れ走れ!」」とコメントしている。