池袋に新サテライトスタジオをオープン&ポニーキャニオンの新ライブ劇場も
株式会社ドワンゴは、東京建物株式会社と、株式会社サンケイビルの2社が現在推進中の「(仮称)豊島プロジェクト」にて、最先端のインターネット放送を特徴とする新たなサテライトスタジオを2019年にオープン、および株式会社ポニーキャニオンが運営する最新の映像技術や通信技術を駆使した未来型ライブ劇場のネーミングライツを取得し、「ニコファーレ池袋」と命名した。 「(仮称)豊島プロジェクト」では、豊島区が掲げる「国際アート・カルチャー都市」のシンボルとして、多様な文化の発信や新たなにぎわいの創出を目指し、(仮称)新区民センターを合わせ8つの劇場空間の整備が計画されている。そのうちの1つとして、2019年に、豊島公会堂跡地の「B敷地」内の新ホール棟1階に、フジサンケイグループの音楽・映像ソフトメーカーであるポニーキャニオンが運営する未来型ライブ劇場がオープンする。これにともない、本劇場のネーミングライツをドワンゴが取得し、このたび「ニコファーレ池袋」と命名した。本劇場は、通常の音楽ライブだけでなく、最新技術とインターネットを使用したバーチャルキャラクターによるライブパフォーマンスやアニメ・ゲーム関連のステージイベントなど、幅広いコンテンツを発信していく。 また、同新ホール棟1階・店舗部分にオープンするサテライトスタジオでは、niconico特有のコメント機能を活用した演出を織り交ぜながら多彩なエンタテインメントコンテンツをインターネット放送でお届けする。 池袋が拠点となる新たな「ニコファーレ池袋」とサテライトスタジオの誕生により、「(仮称)豊島プロジェクト」の価値をより一層高めるとともに、池袋エリアの新たなにぎわい創出と「国際アート・カルチャー都市」形成に寄与できるよう、今後も池袋エリアの国際競争力向上に貢献することを目指していく。