”ツヨカワクイーン”RENA、強敵ウィンにTKO勝利 年末「見に来いや!」
「可愛すぎる女子格闘家」として近年メディア露出が急上昇中のシュートボクサー・RENAが、15日にマリンメッセ福岡にて開催された、総合格闘技イベント「RIZIN 2017 in FUKUOKA−秋の陣−」に出場。アンディ・ウィンを見事1R TKOで倒し、年末のFinal ROUNDへ進出した。 1R中盤、アンディ・ウィンにスタンド状態でバックを取られたRENAは、自力でポジションを転換。その後、コーナーでの打撃戦に持ち込むとアンディ・ウィンは為す術もなく、最後はRENAの左ボディでダウン。レフェリーストップで見事TKO勝利をおさめた。 RENAの試合は今大会のメインイベント、またRIZINでは女子がメインイベントを務めるのは“初”ということもあり、ファンの注目度が高く、フジテレビ系全国ネットでも完全“生”中継された。 試合終了直後、RENAはリング上で「まさか今日のメインに選んでいただけるなんて本当に夢にも思いませんでした。勝ち上がることができて本当に嬉しいです。ありがとうございます。年末は絶対に優勝するので、男の中の男たち、女の中の女たちの戦いを“見に来いや!”」と、RIZIN統括本部長である髙田延彦の〈決め台詞〉で観客をわかせた。 近年外国人ファイターを相手に次々と勝利を重ね、“絶対王者”の地位を不動のものにしているRENA。ジョシカク(女子格闘技)の象徴とも言える“ツヨカワクイーン”が、今年のRIZIN、そして日本の女子格闘技界を牽引する。 ©RIZIN FF