桜井日奈子2nd写真集 お気に入りは「鼻が膨らんでるカット」?
2014年に”岡山の奇跡”とキャッチコピーでデビューして以来、ドラマやCMにと大活躍の桜井日奈子。 昨年は初舞台『それいゆ』、日本テレビ系のドラマ『そして、誰もいなくなった』で連ドラ初出演を果たすなど、今や飛ぶ鳥を落とす勢いだ。来年には初主演映画『ママレード・ボーイ』の公開も控えており、その勢いはとどまることを知らない。そんな彼女が通算2枚目となる写真集『桜井日奈子!』(東京ニュース通信社)をリリース。その発売記念イベントが15日、東京・新宿の福家書店新宿サブナード店で行われ、報道陣の取材に応じた。 昨年10月に発売された1st写真集『桜井日奈子です。』以来、実に1年振りのリリースとなった同写真集。桜井の20歳を記念にした写真集で、初めて訪れたというグァムでロケが行われた。キュートなアイス屋さんやカラフルなスケボー広場、キラキラした夜の遊園地など、アメリカンな世界から大自然を満喫する桜井の姿を収めており、はしゃいだ姿からちょっと大人びた表情など、桜井の魅力が凝縮されたものとなっている。 1年振りの写真集発売に「発売が決まってとても嬉しかったです。撮影場所もグァムと聞いてとても嬉しかったし、初めての南国での撮影だったので、たくさんの方に見て頂ければと思います」と笑顔を見せた桜井は、内容について「グァムで撮ったプライベートビーチとか絶景の草原、グァムのカラフルな町並みで撮った写真など、すごくプライベート感満載の一冊となっています」と紹介。 お気に入りの写真について「フリスビーで遊んでいる写真とバーベキューでお肉の臭いを嗅いで鼻が膨らんでいるカットです。お肉を嗅いでいる写真は、撮られていることに意識していなくて、「いつも私ってこんな顔しているっけ?」と新しい自分に気づけたし、いつもこんなに変な顔をしているんだと思いましたね(笑)」と苦笑い。続けて「撮ろうと思って撮った写真ではありません。本当に楽しいところを気づかないで自然に撮ったので、素の私が写っていますよ♪」とアピールしていた。 今年の4月2日で20歳となった桜井。20歳になって半年が過ぎたが、「やっぱり20歳ですから、もう大人の仲間入りをしたということで、シャキッとしなければという思いはあるんですが、お仕事をしているとたくさんの大人に囲まれるので「そういえば20歳なんだ」と気付かされます(笑)」と20歳の実感はあまりない様子だとか。20歳となればお酒も飲めるが、お酒の話題を振られて「誕生日にマネージャーさんたちがパーティーを開いてくれて、その時に初めてお酒を飲みました。ハイボールとビールを飲んだんですけど、子供の舌だと思いましたね。どれも苦いというか、大人の味でしたよ(笑)」とお酒はまだ早いと言わんばかりだったが、「その時は酔っ払いませんでした。私って強いのかなって思っちゃいました(笑)」と意外にもイケる口だという。