10回目の”JUJUの日ライブ”は超豪華ビッグバンド編成
2017年10月10日、JUJUが記念すべき10回目となる”JUJUの日”に「JUJU BIG BAND JAZZ LIVE “So Delicious, So Good”」を東京国際フォーラム ホールAにて開催した。 “JUJUの日ライブ”とは、10月10日をJUJUの日と呼び(※日本記念日協会認定)、2008年から毎年スペシャルな企画を続けている、JUJUの恒例企画となる。 今年の”JUJUの日”は総勢27名。島健率いる超豪華ビッグバンドとお贈りする超絶美味な一夜となった。ここまでにジャズ・カヴァーアルバム2作、『DELICIOUS』、『DELICIOUS ~JUJU’s JAZZ 2nd Dish~』をリリースしヒットを記録、2011年10月10日”からスタートし、7年連続毎年8月に開催している、恒例のJAZZ LIVEを今年も6日間にわたりブルーノート東京にて開催。 サラ・ヴォーンやキャロン・ウィーラーの影響を受けて音楽性を確立し、ウェイン・ショーターのアルバム『JUJU』がアーティストネーム決定の理由ともなっているJUJUがBIG BAND JAZZ LIVEを開催するのは初の試みとなった。 そんなJUJUの今を表現した7ヶ月ぶりとなる、本日発売となる新曲『いいわけ』をJAZZ BIG BANDスタイルというプレミアムな編成にて披露した。 更には、この日のために、イタリアシューズブランド セルジオ ロッシとオリジナルシューズを製作。この日のためだけに製作されたスペシャルピース(非売品)をステージ上で着用し、アンコールのMCでは、来年4月~全国ホールツアーの開催も発表した。 アンコール含む、全18曲を披露した、超絶美味な一夜、「JUJU BIG BAND JAZZ LIVE “So Delicious, So Good”」初日の東京公演は幕を閉じ、12日大阪フェスティバルホールにて、最終公演を迎える。 (C)Hiroshi Nirei