夢アドにSCANDAL MAMIが楽曲提供、現体制で最後のリリース
夢みるアドレセンスが11月15日にリリースするニューシングルが、TVアニメ「タイムボカン 逆襲の三悪人」エンディングテーマに決定している『20xx』(読み:にせんキスキス)に加えて、SCANDALのギター&ボーカルMAMIが提供した『Exceeeed!!』(読み:エクシード)を収録した両A面シングルとしてリリースされる事が発表された。 これまでにも、こやまたくや(ヤバイTシャツ屋さん)、大森元貴(Mrs. GREEN APPLE)、首藤義勝(KEYTALK)といったロックバンドによる楽曲提供が話題を呼んで来た夢みるアドレセンスだが、初の女性バンドからの楽曲提供となる今作『Exceeeed!!』は、SCANDALらしい疾走感のあるバンドサウンドに、Exceed=[程度・限度などを]超える、上回る、と言うタイトルの意味通り、「誰かがあげたハードルは 私たちを加速させるんだ / 今を軽やかに超えて行こう」と言うサビの歌詞が、メンバー脱退や復帰を経て新メンバーオーディションを実施しているグループの現状と、メンバー4人の等身大の気持ちを切り取ったかの様なメッセージソングとなっている。 MAMIが他のアーティストに楽曲を提供するのは今回が初めてで、「今まで楽曲提供はしたことがなかったので是非挑戦してみたい!という気持ちがありました。曲はライブで映える一曲というのをポイントにして作っていき、歌詞は自分達の楽曲を作る際にもテーマとしているような「前向き」なメッセージを歌詞に出来たら良いなと思い書いていきました。ライブをしてると自分たちの楽曲に自分自身も背中を押されている瞬間がたまにあります。この『Exceeeed!!』という楽曲も夢アドのみんなにとってそう思ってもらえる1曲になれば良いなと思っています!」とコメントしている。 さらに同楽曲が、本日10月10日(火)23時10分から静岡朝日テレビで放送される情報番組「コピンクス!2020」のテーマソングとしてもオンエアされる事が決定した。 夢みるアドレセンスは現在新メンバーオーディションを実施中、今後増員が決定しているため、現メンバー4人体制でのリリースは今作が最後となる。agraph、LAMA、電気グルーヴのライブサポートメンバーとしても活動する牛尾憲輔が楽曲アレンジで参加したダンストラック『20xx』、SCANDAL MAMI初の提供曲となるエモーショナルな『Exceeeed!!』というタイプの違う2曲を携えてリリースされる超強力な両A面シングルは、夢アドがこれから迎えるキャリアの中でもターニングポイントとなる作品となりそうだ。 <SCANDAL MAMI コメント> (オファーを受けたときの気持ち) 素直に嬉しい!と思いましたし、今まで楽曲提供はしたことがなかったので是非挑戦してみたい!という気持ちもありました。 しかも同じフィールドのバンドではなくアイドルの皆さんへと言うのもすごくワクワクしました。 (作詞・作曲でこだわった点) 曲はライブで映える一曲というのをポイントにして作っていきました。 バンド結成当時ダンススクールに通っていた事もあって、自然と頭の中で歌割りや振り付けのタイミングを考えながら作業している自分がいて、何だか普段とは違った考え方で制作していけたのもすごく楽しかったです! 歌詞は自分達の楽曲を作る際にもテーマとしているような「前向き」なメッセージを歌詞に出来たら良いなと思い書いていきました。 その中に、メイクだったりウインクだったり女の子ワードを入れるというのも意識したポイントです。ライブをしてると自分たちの楽曲に自分自身も背中を押されている瞬間がたまにあります。 この『Exceeeed!!』という楽曲も夢アドのみんなにとってそう思ってもらえる1曲になれば良いなと思っています! (仕上がりに関しての感想) エモーショナルなボーカルがめちゃくちゃ良いです。 夢アドのカッコ良い一面がさらに際立つ一曲になったのではないかと思います!最高!! ライブで観たい!聴きたい!です!!