SPYAIR ゲーム「銀魂乱舞」のテーマソングに決定
いよいよ来週10月11日(水)に、前作『4』より約2年ぶりとなる5thアルバム『KINGDOM』をリリースするSPYAIR。 このアルバムに収録される新録曲『スクランブル』がPlayStationⓇ4/PlayStationⓇVitaのサムライ乱戦アクションゲーム「銀魂乱舞」のテーマソングに決定した。 アルバムには『RAGE OF DUST』、『MIDNIGHT』といったシングル代表曲を筆頭に、これまでライブでしか聴くことができなかったファンにはおなじみの名曲のほか、“KINGDOM”というテーマのもと作られた個性豊かな楽曲12曲がラインナップ。バンドとしての振り幅と表現力を大いに見せつける作品に仕上がった。 『スクランブル』はこの「銀魂乱舞」の話を受け書き下ろされた、アルバム『KINGDOM』制作の中で一番最後に仕上がった楽曲。20代になって社会に出て未来を模索しているときの心情を、30代に突入したSPYAIRの等身大の言葉で表現。デビューが決まり、上京してきた当時を振り返って書かれた、バンドのリアリティが十二分に発揮された作品に仕上がっている。 これまでにも『サムライハート(Some Like It Hot!!)』(2011年)、『サクラミツツキ』(2013年)、『現状ディストラクション』(2013年)といった数々の楽曲でTVアニメ「銀魂」とタッグを組んできた彼らだが、今回はゲーム「銀魂」と初のタッグ。ゲームの中で“戦う”プレイヤーの背中を押す、疾走感あふれる楽曲に仕上がっている。 これまでディテールが一切明かされていなかったこの『スクランブル』だが、「銀魂乱舞」とコラボレーションしたMusic Video『スクランブル-銀魂乱舞 編-』が本日YouTubeで公開となった。 そして、「銀魂」の坂田銀時の声優を務める杉田智和より『スクランブル』に向けてのコメントが届いた。 <杉田智和 コメント> 昼に食べたあんかけ炒飯が思いの外辛かった。 帰宅する道中で、それは直腸へ流れゆくマグマと化した。 この熱はKINGDOMの持つ熱量と似ているようでまったく違う。 しかし、放っておけないのは何故だろう?当たり前だ。門が爆散する。 無事に帰宅後、マグマは海底に流されていった。 スクランブル 危機を乗り越えた先に少しだけ残る不思議な高揚感の中、この曲がずっと鳴り響いている。