指原莉乃「まさか10年いるとは」、同期・家族・ファンに感謝
指原莉乃が、AKB48へ加入して10年となったことをツイッターにて報告している。 指原は自身のツイッターアカウントで「今日はAKBに加入して10周年の日 まさか10年いるとは。あの時支え合った同期のメンバー、あの時家を出ることを許してくれた家族に感謝です。そしてこんな私をまだ応援してくださる皆さん、ありがとう。 5期ラインに懐かしい画像がたくさん送られて来てます。恥ずかし。」とコメント。 指原は、現在ではHKT48へ在籍しているが「AKB48 第5期生 研究生オーディション」でAKB48へ加入。当時はヘタレキャラとして活動をしていたが、バラエティ番組への出演や総選挙での躍進で大ブレイク。 現在、AKB48グループへ在籍する同期は、AKB48には宮崎美穂だけ隣、JKT48に移籍した近野莉菜、NGT48へ移籍をした北原里英となる。北原も卒業を発表しているだけに、更に同期が減ることとなっているが、指原は番組などでまだ卒業はしないことを明言している。 現時点では、アイドルとしては誰も経験したことのない程の人気を獲得している指原、今後の展開が気になるところだ。