乃木坂46 3期生全員舞台に意気込み 大園桃子はいつもの涙目に
乃木坂46 3期生による本格演劇「見殺し姫」が10月6日よりAiiA 2.5 Theater Tokyoにてスタートした。 出演する伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希による公開記者会見が行われ、メンバーたちはそれぞれの役柄にあった色とりどりの和服の衣装で登場。緊張の面持ちで会見に臨んだ。 「(演出・脚本を担当する)松村武さんが、ひとりひとり実際の性格にちなんだキャラクターにしてくださった」という山下美月は「一言でいうとのぞき魔の役。この舞台で私の目力を活かすことができるので、いろんなところを覗いていきたい」と見所を答えた。また「役柄と同じで文を書くのが好き」という久保史緒里は「感情を表に出さない役ですが唯一、声を大きく出すシーンを見て欲しい」とアピール。 会見ではおなじみとなりつつある、緊張で目を潤ませていた大園桃子は「虫が大好きな役。そんなことを伝えた覚えはないんですが(笑)虫は嫌いじゃない。頑張ります」と声を震わせて意気込んだ。 与田祐希は「普段の自分とは違う」と言いながら「リーダーシップがある役なので、みんなを引っ張っていきたい」と笑顔で返答。ほかにも病弱、男まさり、超能力、笑い上戸という多彩すぎるメンバーの役柄が見所だ。 最後に全員を代表して梅澤美波が「半年前の公演『3人のプリンシパル』ではオーディション形式だったが、今回は12人全員で舞台に立つことができて嬉しい。全国ツアーなどを経験したこの半年で成長した私たち3期生をぜひ見て欲しい。お楽しみに」と力強く締めた。 舞台『見殺し姫』は独自の作風で知られる劇団カムカムミキニーナの主催者・松村武が演出と脚本を手がけた完全オリジナルの本格演劇。出演は乃木坂46 3期生12人に加え、かとうかず子、藤木孝という実力派2人をむかえて上演される。公開は10月15日(日)まで。