秋元康プロデュース劇団 國森桜の初グラビアが話題沸騰
秋元康がプロデュースする新グループ「劇団4ドル50セント」​の​國森桜​が​9月​28日発売の​光文社「Platinum FLASH(プラチナフラッシュ)」にて​グラビア初出演を果たし「かわいすぎる」と話題になっている。 ​國森桜は秋元康氏がプロデュースする新グループ「劇団4ドル50セント」のセンターを務める、広島県出身の18歳の現役高校生。​「昔の前田敦子を彷彿とさせる」と評判の國森桜は、​初のグラビア出演​となった今回も堂々とした表情を披露。 SNS上では、「何かを感じる…」「髪型を真似したい」「さくらちゃん、可愛すぎる!」など、じわじわと話題になっている。 「劇団4ドル50セント」は17歳から27歳までの男女の劇団員で構成される演劇集団。劇団名は、歌手のジャニス・ジョプリンが亡くなる際に、握りしめていたと言われている小銭の金額が由来となっている。 11月3日から5日まで東京・青山スパイラルホールにてプレ公演を開催。旗揚げ本公演は、2018年2月8日から12日まで東京・紀伊國屋ホールにて上演される。