夢アド志田友美 ドラマ化&映画化で話題「咲-Saki-阿知賀編」出演決定
夢みるアドレセンスの志田友美が12月よりドラマ化、2018年1月に映画が公開される『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』に出演する事が決定した。 『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』は、大人気コミック「咲-Saki-」が実写ドラマ・映画化プロジェクトを2016年に開始し、「実写版の再現度がハンパない!」など、ドラマ・映画ともに話題となり、映画もヒットを記録。このたび実写化プロジェクト第2弾として、ネット最強雀士「のどっち」こと原村和がかつて住んでいた阿知賀を舞台にしたもうひとつの本格美少女麻雀物語(ガールズマージャンストーリー)『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』の実写化が決定した。「咲-Saki-」のドラマ・映画の監督を務めた小沼雄一が今作も監督、そして脚本も前作同様、森ハヤシが務める。 第2弾実写版も第1弾と同様に、12月より全4話と特別編を合わせた計5話のTVドラマシリーズの放送を予定、さらに映画版が2018年1月より全国公開されることも決定した。 志田友美は、西東京地区代表「白糸台高校」大星淡役でドラマ、映画ともに担当する。志田は、テレビ岩手で10月15日よりスタートする「鉄神ガンライザー」でも新主人公役を務める事が決定しており、アイドル、モデルに加えて、女優業にも勢力的に活動の幅が広がっており、今後ますます認知を広めそうだ。