AKB48海外ドラマ声優オーディションで北原里英のアピールがスゴい
「AKBINGO!」(日本テレビ系)10月3日放送では、海外のドラマや映画の日本語吹き替えを担当するディレクターが登場し、Huluにて配信される海外ドラマの日本語吹き替え版の声優をAKB48メンバーの中から選抜することとなった。イギリスで大人気のドラマ「ヒューマンズ」を担当する。AKB48からの選抜理由は「歌手もやっているので声に特徴があるメンバーが、新しい声優のスターになれるのではないか」と話す。過去に海外ドラマの吹き替えに挑戦したことがあるMCのウーマンラッシュアワーの二人。丸秘映像が公開され、なんともたどたどしい吹き替えに、スタジオでは爆笑が起きる。 はじめは書類審査。早々に不合格になったのは横山由依と武藤十夢。あまりにアンケートが普通すぎて審査を落ちてしまう。そんな中でアピールがスゴイのが北原里英。ベテランながら、とにかくみっちりとアンケートを書く姿勢に拍手が起きる。 チーム8の倉野尾成美は辞退というまさかの展開に。「声優さんをしっかりやるんだったら、基礎からやってから出させていただきたい」とまさかの真面目すぎる理由にメンバーも納得。 更に、村本からの指示を遂行する「偽面接官」も交えた面接を実施。ラップで自己紹介やヤンキーになりきるなど、北原里英と込山榛香が合格。また、NGT48荻野由佳は対応力の高さを見せ、また声に特徴があると面接ではイジられまくった佐藤妃星が合格するなど意外な一面を見せた。写真(C)AKS