PUFFY ちびまる子ちゃん新エンディング曲は「笑ってしまい歌えない」
毎週日曜夕方6時より全国FNS系列で放送中のアニメ「ちびまる子ちゃん」の新エンディング主題歌を、PUFFY(大貫亜美、吉村由美)が担当することが発表された。 エンディング主題歌のタイトルは『すすめナンセンス』、10月8日放送分からオンエアーされる(一部地域を除く)。この『すすめナンセンス』は、ちびまる子ちゃんの主題歌として老若男女誰からも愛される『おどるポンポコリン』と同じく、作詞を「ちびまる子ちゃん」の原作者さくらももこ、作曲を織田哲郎が担当。タイトル通りのナンセンスかつコミカルな世界を、PUFFYが歌っている。 完成したエンディング主題歌のアニメーション映像には、ちびまる子ちゃんはじめ、お馴染みのキャラクターが登場する中、アニメで描かれたPUFFYも登場し、ストーリーを盛り上げている。 <PUFFY コメント> まさか自分達が、ちびまる子ちゃんのエンディング主題歌を歌うことになるなんて。 そしてそのまさかが現実にやってくる日がくるなんて。 摩訶不思議な歌詞には相当のことがない限りは驚かないPUFFYですが、 今回は摩訶不思議+笑ってしまい歌えないというパンチありすぎの歌詞。 こんな歌詞を歌えるのは、PUFFY以外いないんじゃないでしょうか、と我ながら思いました。 そして最高に楽しい作品になりました。PUFFY (大貫亜美・吉村由美) <さくらももこ コメント> 久しぶりに、ものすごくナンセンスな歌が作りたいと思ったんです。ナンセンスな歌といえば私にとって織田哲郎さんなんです。『おどるポンポコリン』と『走れ正直者』以来の、織田哲郎&さくらももこナンセンスワールドを作りたいと思ったとき、パッとPUFFYが浮かんだのです。本当にとても愉快な歌ができました。こんなに面白い創作ができて喜びでいっぱいです。 <織田哲郎 コメント>PUFFYの二人と初めて会ったのはもう20年以上も前なのに二人の変わってなさったら何なの。びっくり。そして二人が歌い始めた途端にそこはすっかり心地よいPUFFYワールド。さくらももこさんの独特の世界感がPUFFY色に広がってとても素敵な作品に仕上がったと思います。 (C)さくらプロダクション/日本アニメーション