プラネタリウム“満天” GLAYとコラボ、テーマ曲は名曲『春を愛する人』
様々なアーティストとコラボをしてきたコニカミノルタプラネタリウム“満天”が、ついに今年の冬、新上映作品として「GLAY 星空が繋ぐ愛」を2017年11月3日(金)より上映することが決定した。 本作品は、GLAYの音楽に導かれて巡る想いの先に、星の光のように美しい、“今”という時の価値を見つけられる作品となっている。全編を通してGLAYの楽曲に彩られた本作品は、彼らが放つその深いメッセージ性から、ファンはもちろん、全ての世代に贈るプラネタリウム作品となるであろう。 本作のテーマソングはGLAYの代表曲『春を愛する人』。限りある時の中で、愛し愛することができる今この時への想いを歌う。美しく輝く満天の星、大迫力の映像に加え、心を揺さぶるGLAYの数々の名曲が、今、感動の時を刻む。 今年の夏にはオリコン1位に輝いたアルバム『SUMMERDELICS』を発売し、そして現在は大型アリーナツアーの真っ最中であるGLAYは、先日待望のニューシングル『WINTERDELICS.EP〜あなたといきてゆく〜』の発売が11月22日に決定したことも発表した。是非星空と共に”GLAYの曲が繋ぐ愛”を感じてみては如何だろう。