Hカップ鈴木ふみ奈 目指すは「叩きたくなるようなおしり」
屈託のない笑顔にアメリカンサイズのド迫力ボディで世の貴兄を釘付けにする、メロメロボディのHカップ鈴木ふみ奈の「2018年カレンダー」発売記念イベントを、東京神保町・書泉グランデで開催した。 今年の「2018年カレンダー」イベント第1号となった鈴木は「光栄です」とにっこり。「27歳になるので、オトナな感じで全体的にかっこいいイメージに仕上がってます」という今回のカレンダー。表紙は素肌に黒の革ジャンを纏い、峰不二子よろしくクールな表情を見せ、王道のバニーガール姿では珍しい”バックショット”を披露、セクシーにキマッている。逆に可愛い写真もあり、「来年の戌年にちなんで、ポーズは女豹なんですが、犬(ダルメシアン)のコスプレしてみました」と話し、さらに「最後のページにポスターが付いていまして、横になっているので、ベッドの横に貼ってほしい願望があります。添い寝している気分になります」とアピールした。「カレンダーは玄関に貼ってもらって”いってらっしゃい”で、寝るときはこのポスターで”おやすみなさい”で、2か所に貼ってほしいです」と笑顔をみせた。 現在ジムに通いおしりを鍛えているという鈴木。どんなおしりを目指しているのか問われると「外人さんみたいなおしりが綺麗だなと思って、個人的におしりの下に線が出来るような”ぷりっ”としたのが好きです。叩きたくなるようなおしりを目指してます(笑)」。色白で血管が浮き出てみえるほど美白で柔らかそうなHカップをぎゅっと寄せる、鈴木のポーズを”つぶし”というそうだが、その美バストにも負けない”美尻”づくりに余念がないようだ。「おっぱい番付」「美尻番付」「くびれ番付」の三冠を達成しているだけに、さらにその魅力を引き出すべく頑張る”ふみにゃん”のどこパーツからも目が離せない。