木﨑ゆりあ SKE48&AKB48 2つの劇場で公演、グループに別れ
2009年、13歳でSKE48第3期生に合格してから約8年、21歳になった木﨑ゆりあが2017年9月30日にAKB48グループを卒業した。 SKE48では妹キャラとして、着実に実力と人気を博しSKE48の顔にもなっていた2014年に行われた大組閣祭りで、SKE48チームSからAKB48チーム4への移籍が発表され、当時メンバーやファンからどよめきが起きたその移籍から約3年半が経ち、チーム4副キャプテンから、現在ではチームBキャプテン、選抜メンバーにも幾度となく選ばれ、ドラマや映画に出演するなど、AKB48の木﨑ゆりあ‘としても活躍の場を広げていった。そして「女優」という夢のために、次の一歩を歩み始める。 一昨日28日(木)、SKE48劇場に約3年半ぶりに立った木﨑ゆりあは、開始早々「みなさーん、ただいまー!」と満面の笑顔で呼びかけると、会場にいたファンは「待ってたよー!」と大声援で迎えた。21歳にはつらいと自虐しつつも、全力ダンスで冒頭4曲をパフォーマンス。ユニット曲『狼とプライド』では、客席が全員狼の被り物をしてくれているのを見て、驚きとうれしさで笑顔がこぼれました。「SKE48にまた帰ってきますと言っていたから、ファンの人が待っていてくれたのかな。」と語りつつも、「心のどこかにずっとSKE48として歌って踊りたかった」と本心を吐露。「今日はただの私のわがままで、ここに立ちたかったから、この公演をやらせてくれたスタッフの皆さんや、無理やり振りを覚えてくれたメンバー、本当に大好きなメンバーに囲まれてこの公演ができて幸せでした。SKE48の木﨑ゆりあを今日まで応援してくださって、本当に本当にありがとうございました。」と感謝を述べた。最後の一曲では、同期の3期生6名も駆け付け『桜の花びらたち』を披露。SKE48木﨑ゆりあの最終公演は幕を閉じた。 そして9月30日(土)、AKB48劇場にて「木﨑ゆりあ卒業公演」が行われた。 『前しか向かねえ』から始まった卒業公演。木﨑らしい選曲と、最高の友達(本日の出演メンバー)に囲まれて終始楽しそうにパフォーマンスしていた。 ユニット曲では大の仲良しという入山杏奈と『思い出のほとんど』を歌唱。入山の涙を優しく拭うシーンもあったが、「リハーサルの時に泣きすぎて本番は楽しくなっちゃった。」と木﨑らしいクシャっとした笑顔で会場を和ませた。 アンコールでは、木﨑の好きな色のペパーミントグリーンのロングドレスで登場。いつもファンのために歌うと号泣してしまうという『あなたがいてくれたから』では、パパとママのために歌うと決めていたソロ部分で号泣する場面も。「号泣してしまったけど、やっぱり私は笑って終わるのが自分らしいと思うので、最後は笑顔で締めくくりたい!」と、ロングドレスからミニスカートへと早変わりし『GIVE ME FIVE!』を元気よく歌い上げ、最後まで元気な木﨑ゆりあらしい公演となった。 <木﨑SKE48劇場最終公演出演者> 木﨑ゆりあ・大矢真那・北川綾巴・ 後藤理沙子・都築里佳・松本慈子・江籠裕奈・高木由麻奈・高柳明音・日高優月・古畑奈和・松村香織・浅井裕華・木本花音・斉藤真木子 ・須田亜香里 3期卒業生:上野圭澄・小木曽汐莉・木下有希子 (現:木下ミシェル) ・秦佐和子・矢方美紀 ・山田恵里伽 <木﨑卒業公演出演者> 木﨑ゆりあ・入山杏奈・横山由依・島田晴香・峯岸みなみ・向井地美音・福岡聖菜・小嶋真子・高橋朱里・北原里英 ⓒAKS