三浦大知、 満島ひかりと同じステージに立ち万感の想い
三浦大知がDREAMS COME TRUEの吉田美和と中村正人から楽曲提供された新曲『普通の今夜のことを ― let tonight be forever remembered ―』が、9月27日(水)に配信限定シングルとしてリリースされ、iTunesのソングランキングで1位を獲得するなど好調な動きをするなか、同日、新木場スタジオコーストで開催された「MTV VMAJ 2017 –THE LIVE-」に出演した。 VMAJ(VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN)は多岐にわたる部門において最も優れた作品を発表する“ミュージックビデオの祭典”であり、三浦大知は4年連続で「BEST R&B VIDEO賞」を受賞。 各賞を受賞したアーティストを中心にライブパフォーマンスも披露され、KICK THE CAN CREW、ももいろクローバーZ、WANIMA、欅坂46らとともに、三浦大知は受賞曲である『(RE)PLAY』と『Look what you did』の2曲をダンサー4人とともにハイレベルなパフォーマンスで披露し、会場に詰めかけた2,000人のオーディエンスを熱狂させた。 三浦大知のライブは2組目であったが、トップバッターとして出演していたのは音楽プロデューサー大沢伸一が14年振りに始動させたMONDO GROSSO。MONDO GROSSOは「BEST DANCE VIDEO賞」を受賞した『ラビリンス』を披露したが、実は『ラビリンス』のボーカルである満島ひかりが登場することはシークレットであったため、満島ひかりが登場するや否や、オーディエンスがステージ前方へどっと押し寄せるシーンも。この日だけのスペシャルバージョンとしてアコースティック編成で披露された『ラビリンス』を、満島ひかりは椅子に座ってしっとりと美しく歌い上げた。 MONDO GROSSOのボーカルとして満島ひかりがステージを去ったあとに登場したのが三浦大知となったわけだが、三浦大知と満島ひかり、ふたりは1997年にデビューした小中学生男女7人組のダンスボーカルグループ「Folder」のメンバーだ。同じステージに立ったのは約18年振りで、満島ひかりから三浦大知へステージをつなぐも、残念ながら同時にステージに立つ姿を見ることはできなかったが、三浦大知は受賞インタビューの際、満島ひかりが歌ったあとのステージで自分が歌えたことに対する喜びを語り、万感の想いを胸に刻んでいた。 「MTV VMAJ 2017 –THE LIVE-」の模様は10月1日(日)21時より放送されるので、ぜひチェックしてみよう。