w-inds. 完全セルフプロデュースその真価、38ページ大特集
9月26日に「MUSIQ?SPECIAL OUT of MUSIC PLUS vol.53」(シンコーミュージック)が発売となった。 表紙①&巻頭企画はw-inds.。「セルフプロデュース、その真価」として完全セルフサウンドプロデュースシングル『Time Has Gone』を問う2万8,000字・38P特集となる。なぜ『Time Has Gone』なのか、発想の原泉、歌詞・メロディ・トラックの理由、MUSIC VIDEOで魅せた、楽曲のポテンシャル、LIVEでの再現性、DANCE、パフォーマンスを問う、初期名曲を手掛けた葉山拓亮が見る、w-inds.セルフプロデュースのインパクトなど、ファンならずとも知りたいインタビューとなっている。