欅坂46 5thシングルセンターは平手友梨奈、長濱ねる「漢字欅」専任に
2017年10月25日発売される欅坂46の5thシングルの選抜メンバーとフォーメーションが、レギュラー番組「欅って、書けない?」(テレビ東京)内で発表された。 フォーメーションは1列目から3列目まで7人ずつとなり、3列目左から齋藤冬優花、上村莉菜、織田奈那、今泉佑唯、佐藤詩織、長沢菜々香、米谷奈々未、2列目左から、志田愛佳、渡邉理佐、原田葵、長濱ねる、小池美波、渡辺梨加、守屋茜、1列目左から、土生瑞穂、菅井友香、小林由依、平手友梨奈、鈴本美愉、尾関梨香、石森虹花となり、5枚目もセンターは平手友梨奈となった。 また、ひらがなけやき(けやき坂46)と漢字欅兼任だった長濱は、このシングルを機に漢字欅専任となる人事が発令された。驚いた表情の長濱は「今は自分の気持ちが整理できていないですが、ツアーを通して、自分の存在がどっちのグループにも中途半端で、迷惑を掛けていたと思っていたので、専任という役割を全うしたいです」と涙を見せると、齋藤、土生らの頬にも涙がつたった。その土生は初めて1列目となったが「前に誰もいないのは、すごく不安で、できるかどうかわかんないけど、頑張ります」と話し、同じく初1列目の石森は「今まで後ろで頑張ってきた分、ここで発揮できるように頑張りたい」と3列目からのフロント選出に気を引き締めていた。尾関は「自分に足りないところが多すぎて課題いっぱいだなと思いますが、周りのメンバーにたくさん頼って頑張りたいです」と熱い涙が込み上げ、声を震わせた。 菅井は「漢字欅21人で素敵な作品を作れるよう、支えあいながら頑張ります」と力強くメッセージを贈った。来週の「欅って、書けない?」は初フロント記念として、土生、石森、尾関を徹底解剖する。楽しみにお待ちいただきたい。