”笑わない妖精”HKT48荒巻&運上ユニット「fairy w!nk」がじゃんけん制す
9月24日、愛知・日本ガイシホールで『AKB48グループユニットじゃんけん大会2017~絆は拳から生まれる!~』が開催され、予備戦を勝ち上がり本戦に進んだ48組の戦いを制し、HKT48の荒巻美咲と運上弘菜による2人ユニット「fairy w!nk」が優勝を勝ち取った。 各ブロックの激戦を勝ち上がってきた4組による決勝トーナメントでは、会場中を熱気が包む中、夢のメジャーデビューをかけた最後の戦いが繰り広げられた。 準決勝1試合目は、「白井琴望」vs「Fairy w!nk」。唯一ソロで勝ち上がってきた”パンダまみれ”の白井が残念ながら力尽き敗退。第2試合は、NMB48村瀬紗英と矢倉楓子のユニット「ふぅさえ」vs、AKB48組として最後の2人となった大家志津香と宮崎美穂、それにNGT48キャプテン北原里英の「Kissの天ぷら」。これまで大会をかき回してきたベテラン3人は、決勝に宮崎を温存するという作戦に出るも裏目に出て、ここで敗退。笑わないユニットとしてクールに戦ってきた妖精コンビ「fairy w!nk」と、「サンコン」「kissの天ぷら」などの大物食いをしてきた「ふぅさえ」が決勝に進出。 そして、ついにクライマックス。予備戦を含めこれまで106回の戦いを経て選ばれた2組を見守る為、敗退したメンバーたちもステージに集結。会場中の視線が集まる中、博多と難波の2人ユニットが激突した。 見事、勝利を掴んだのは、「fairy w!nk」。これまで平静を装って戦ってきた笑わないユニットの2人も緊張の糸が切れたのか、ついに涙。夢のメジャーデビューを勝ち取ったことを、応援を続けたファンと分かち合った。 尚、今回優勝したfairy w!nkが表題曲を務めるシングルは、2017年12月13日(水)にリリース予定。決勝トーナメントに進んだ他の3組はカップリングとして参加し、全ての楽曲のミュージックビデオが制作される。 ⓒAKS