久松郁実、スカート最短テニスコスプレ 健康的美脚に釘付け
モデルやタレント、女優にと、様々なフィールドで活躍している久松郁実。豊満なバストと抜群のプロポーションを武器に、グラビア活動にも積極的で、DVDをリリースする度に好セールスを記録するなど、グラビアファンからも大きな注目を一身に集めている。そんな彼女が最新DVD&ブルーレイ『いくみんのスポコス“I LOVE SPORTS!”』(リバプール)をリリース。その発売記念イベントが23日、東京・秋葉原のソフマップで行われ、イベント前に報道陣向けの取材に応じた。 「実際にDVDで着たテニスのコスプレにしてみました♪」とイベント会場にテニスの衣装姿で登場した久松。これまでのイベントではスカートの丈が最短で、健康的な脚を露わにして報道陣を悩殺していた。そんな彼女の最新作は、4月に沖縄と関東近郊で撮影されたもの。タイトルの通り、スポーツコスプレが満載の内容となっている。 最新作について久松は「スポコスしかしてないです(笑)。タイトルにも書いてありますが、色んなスポーツのコスプレをしていて、先輩と色んなスポーツをするストーリーの設定となっています」と説明。具体的なスポーツとして「ビーチバレーやバレーボール、テニスに初めての剣道にも挑戦しました」と挙げつつ、「ビーチの足場が動けなくて大変だったんですが、意外に楽しかったです」と初めてチャレンジしたというビーチバレーに興味を持ったんだとか。 そんな久松に「セクシーなシーンは少ない?」と問うと「そんなことないです。ちゃんとセクシーなシーンもあるんですよ(笑)」と不敵な笑みを浮かべながら、「体育館で白い水着を着ながらバスケをしました。そのシーンが1番セクシーだと思います。最初は何かしらの衣装を着ているんですけど、それからどんどん脱いでいきますよ♪」とセクシーアピールも忘れなかった。 この日のイベントでは、ソフマップ史上初めて同じ会場で3回も行うなど、500人の観客を動員した久松。「今年の夏は結構忙しくて、あまりお休みがありませんでした」と多忙ぶりをうかがわせたが、「「有吉の夏休み」(フジテレビ系)でハワイに行けて、すごく楽しかったです♪ その時の日焼けがまだ残っていると思いますよ(笑)。一番の思い出は、アスレチックにみんなで行ったこと。ハワイと言えば海だと思うんですが、アスレチックはすごく楽しかったですね」と笑顔で振り返った。 久松は、フジテレビのFODで今秋配信予定のドラマ『ROAD TO EDEN』にヒロイン役として出演。「演技のお仕事がたくさんできればと思っています」と女優業にも意欲的で、今後の活躍にも注目が集まる。