ももクロ「子ども祭り」東武動物公園新ステージこけら落とし公演で開催
ももいろクローバーZが23日、埼玉県の東武動物公園 新イベントステージ・ハッピーオンステージで、ステージのこけら落とし公演となる「子ども祭り2017」を開催し、多くの子ども達がライブを楽しんだ。 「子ども祭り」とはこれまで2012年、2013年に開催されたももいろクローバーZの子供向けライブ。2012年公演、2013年公演はLIVE Blu-ray&DVDとして映像化されており、今回の公演はHuluで10月6日(金)に独占配信される予定であることがステージ上で発表された。 i ライブは、ももいろクローバーZが子ども向けユニット“ももくろちゃんZ”として出演しているHuluの子ども向け番組「ぐーちょきぱーてぃー」コーナーからスタート。番組のオープニングテーマ『ぐーちょきぱーてぃー』を歌唱しながらももくろちゃんZが登場、子どもたちと一緒に「あいさつ!アイラブユー!」を歌うと、『ぐーちょきぱーてぃー』にも監修・振り付けで参加しているひろみちお兄さんがステージに登場。『これっキリンだゾウ』や『ココ☆ナツ』、『やっぱノリノリー!』、『きみのまちのきょうのそら』全6曲をももくろちゃんZとひろみちお兄さんがパフォーマンスし、子ども達を楽しませた。 『フルーツ5姉妹』歌唱中には東武動物公園のキャラクター・トッピーが“ブラックトッピー”として登場し、ヒーローショーがスタート。トッピーはこれ迄たくさんの子ども達を笑顔にしてきたのに人気者になれなかったことから、拗ねてグレてしまったのだ。ブラックトッピーは、芸人・オラキオ、オテンキを引き連れ、悪の軍団「ブラックトッピー軍団」として子ども達の笑顔を奪うためにステージへと現れたが、4年振りに登場した動物戦士・ももいろアニマルZとひろみちお兄さんによって改心させられたのだった。 ヒーローショーが終わると、もももいろクローバーZ『行くぜっ!怪盗少女』や『ザ・ゴールデン・ヒストリー』、『走れ!』等全6曲をパフォーマンス。たくさんの子ども達の笑顔と共にライブは締めくくられた。『子ども祭り2017』の模様はHuluで10月6日(金)より独占配信される予定だ。 Photo by Aya Horiguch