朝長美桜「指原さんを超えるHKT48の顔になります」宣言に喝采
指原莉乃や兒玉遥、宮脇咲良などの中心メンバーが不在の中、平均年齢17歳・HKT48のフレッシュメンバー「F24」が出演するコンサートを9月22日、九州最大級の劇場・博多座にて開催した。本公演は本日と明日の全3公演、完売御礼の4200名(1公演1400名)となった。 HKT48が博多座の舞台に立つのは、2015年8月15日~8月31日まで上演した「指原莉乃座長公演」から約2年ぶり。また今回、博多座でコンサートを開催するのは史上最年少グループとなる。 開演15分前、すでに満席の劇場内。早くも熱気が漂う中、定式幕の前に小田彩加・豊永阿紀・村川緋杏・山下エミリーの4名が登場。「最前ゼロポ ジシート大抽選会!」と突如宣言し始まったのは、最前列中央の座席の抽選会。この「神席」を来場者の中から抽選でプレゼントするというサプライズ企画に、開演前から大変な賑わいとなった。当選されたファンが「神席」へ移動する間は、4名による「大喜利」が行われ、様々なお題でなぞかけを発表。「スキップ」というお題では、お題に答える小田の不格好なスキップ姿に、大きな笑いが起こっていた。 その最中、「神席」当選のファンが座席に到着すると、ここでまさかの”開演までのカウントダウンをお願いします”という無茶振りを残して、メンバーはそのまま幕の中へ…。「神席」のファンのカウントダウンの合図とともに劇場内が暗転すると「overture」が流れ、1曲目は「大喜利」が伏線となった『スキ!スキ!スキップ!』からスタートした。 「HKT48 フレッシュメンバー in 博多座ついに始まりましたー!」と朝長美桜の呼びかけに続き、田島芽瑠は「2階席・ 3階席の皆さんの盛り上がりも最高です!ありがとうざいます!」と一礼。矢吹奈子は「さしこちゃん(指原莉乃)の座長公演から2年振りに、HKT48が博多座に帰ってきました!来てくださってありがとうございます!」と満面の笑みで喜びを伝えていた。今日の意気込みを聞かれた松岡はなは「劇場公演と比べてステージの奥行きが広くて、移動が大変…最初から汗かきまくりですが、すっごく楽しいです!」と話し、最年少の今村麻莉愛は「昨日、気合いを入れてリンパマッサージに行ってきました!」と自慢げに話すと、メンバーからも笑いが起こっていた。 続いて本日出演の全24名がそれぞれ、ソロやセンターポジションを務める24曲メドレーをノンストップで披露。歌唱力に定評を頂いている坂本愛玲菜の『365日の紙飛行機』からスタートしたメドレーは、次々に変わる楽曲やメンバー、客席内に登場する演出に絶えず大歓声があがっていた。 大盛り上がりの24曲メドレーの後は、HKT48のコンサートでは恒例となった「寸劇コーナー」へ。三蔵法師役に田島芽瑠、孫悟空役に今村麻莉愛、猪八戒役に松岡はななど、メンバーの個性にピッタリの配役となった「西遊記」のパロディ演劇を行った。妖怪役で1期生の田中菜津美、2期生の秋吉優花コンビがサプライズ登場すると歓声ではなく、どよめいた劇場内に、寸劇後のMCで秋吉は「登場の時に歓声が上がるから!と聞いていたのに…違いましたね!」と話すと、田中菜津美も「まさか後輩の力を借りて博多座のステージに立てるとは…」と、ともに得意の自虐ネタを話し、大きな笑いが起こっていた。 コンサート本編の終盤では、先日発表されたAKB48 50枚目シングルの選抜メンバーに初選出された田中美久センターの楽曲『ロマンティック病』を初披露。また難易度の高いダンスナンバー『Make noise』や『キスは待つしかないのでしょうか?』、『12秒』などのシングル曲を一気に披露し、さらに劇場内の熱気を引き上げた。 最後は一人ひとり、「F24」の「F」にちなんで今後の決意を表明。感極まって言葉に詰まるメンバーの姿もあったが、朝長が「【Face】指原さんを超えるHKT48の顔になります」と力強く宣言する姿に、会場からは大きな拍手が送られていた。チームTIIキャプテンの山下エミリーは「まだまだ未熟なF24ですが、これからも初心を忘れずに夢に向かって頑張っていきます。これからも応援よろしくお願いします」と深く一礼。「少女た ちよ」を披露し、温かい拍手に包まれながら博多座コンサート初日公演は幕を閉じた。 終演後には、来場者に感謝の気持ちを込めて、全出演メンバーによる「お見送り」を開催した。 ⓒAKS