Da-iCEが「大阪LOVER」で関西のファンを熱狂の渦へ
3連休の最終日となる、9月18日に、大阪・Zepp Nambaにてテレビ朝日系の音楽番組「BREAK OUT」が主催するライブイベント「BREAK OUT 祭2017 OSAKA」が開催された。同イベントが東京以外の場所で開催されるのは初めて。Da-iCEを始め計6組のアーティストが出演し、最高の盛り上げを見せた。 今回、6組のトリを務めたのはDa-iCE。メンバーが登場した瞬間から、会場からはものすごい勢いの歓声に包まれ、ライブがスタート。オープニングナンバーは『NEXT PHASE』でステージがスタート。続けて今年6月にリリースした『トニカクHEY』や昨年リリースした夏の定番ソング『パラダイブ』を披露すると、会場の熱気はますますヒートアップ。 花村が「BREAK OUT、最高や」と関西弁でオーディエンスでコールすると本人たちの声をかき消すほどのファンからの歓声が沸き起こった。 MCでは、メンバーもいつものようにリラックスしながらのトーク。観客たちもメンバーの人柄に触れ、Da-iCEを初めて見たファンも目を輝かせていた。 MCの後、切ないラブソング『恋ごころ』、新曲『君色』のバラード二曲を披露。そして大阪公演にのラストを飾るには相応しい、DREAMS COME TRUEの名曲をカバー した『大阪LOVER』を披露。Da-iCEならではのダンスチューンにアレンジされた『大阪LOVER』に、会場のボルテージは最高潮に。会場が一つになる中、この日集まった豪華6組による全パフォーマンスが最高の盛り上げを見せ終了した。