「フリンジマン」に筧美和子、岸明日香、板野友美ら妖艶女性陣
テレビ東京では、土曜ドラマ24「フリンジマン~愛人の作り方教えます~」を、2017年10月7日より毎週土曜深夜0時20分に放送される。このドラマで“愛人の原石”となる妖艶な女性ゲストが一挙解禁され、筧美和子、佐津川愛美、岸明日香、小倉優香、板野友美らが登場することがわかった。 原作は、「ヤングマガジン」で連載し、数々の話題になった同名漫画『フリンジマン』(講談社「ヤンマガ KC」刊)。今、最も旬なこのジャンルをテレビ東京深夜の、エッジの効いた世界観に当てはめたのが、「愛人の作り方」How Toコメディードラマ「フリンジマン」だ。 主演の板尾創路演じる井伏真澄は、最高同時愛人数11人。自分の愛人作りの術を、冴えない男達にイチからレクチャーしていく、通称「愛人教授(ラマン・プロフェッサー)」。井伏のミッションを愛人同盟のメンバー、田斉治(大東駿介)・満島由紀夫(淵上泰史)・坂田安吾(森田甘路)が遂行していく。 そして、愛人作りのターゲット“愛人の原石”となる女性ゲストを筧美和子、佐津川愛美、岸明日香、小倉優香、板野友美が演じる。また、井伏らの雀荘に入り浸る麻雀好きの謎の女性・桐野夏美をMEGUMIが演じる。田斉・満島・安吾とどのようなデートを重ねるのか、また愛人にすることができるのか…。目が離せない展開が続くとのことなので、期待がふくらむ。 本作のテーマは「愛人作り」。「とっ、とにかく、愛人が欲しい!!」結婚生活に冷めきった男たちの無謀かつピュアな想い。この願望を叶えるために愛人教授・井伏(板尾創路)の厳しい指導のもと、数々のミッションを必死に遂行していく男たち。井伏が教える「愛人作りの法則」とは!?果たして彼らは、愛人を作ることができるのか!?くだらないことに情熱を捧げる男たちのコミカルさ、「普通の恋愛」とは異なる様々な驚きのテクニック、そして愛人作りを通して結ばれる男たちの熱い絆。号泣必至。“笑いあり、エロあり、ドキドキすること間違いなし!!”の前代未聞の「愛人の作り方」How Toドラマ、チェックしてみてはいかがだろうか。 <筧美和子 コメント> 最初は内容をまだ聞いておらず、タイトルも「フリンジマン」とカタカナだったので、台本読んで初めて不倫の話だと気づきました。でも嫌な感じはせず、すごく笑えるし、微笑ましくて後味が良かったので“ぜひやりたいです”とお話ししました。詠美はターゲット側なので、気持ちが悟られないようにシーン毎に気を付けて演じています。男性たちが恋する青年のようにドキドキしたり一生懸命な姿を見ると、不倫という形ですが恋をする気持ちには変わりなくて純愛に思えてくるのはこのドラマならではの不思議な感覚でした。 <佐津川愛美 コメント> 台本を読んだ時は、“礼節をもって不倫をする”というところが、面白いなと思いました(笑)。個人的には、愛人のターゲットになるという事はイヤですが(笑)。ただこのドラマの不倫は、男性がみんな真面目で一生懸命なので、そこが面白いのかなと思います。ミエは職業柄ずっとニコニコしているのですが、そこがミエの魅力なので、うまく出せたらいいなと思います。男性が誘いたくなるような、可愛い女の子を意識して演じたいと思います。楽しんでもらえる作品になったらいいなと思います。 <岸明日香コメント> このご時世、不倫というテーマのドラマで、さすがテレビ東京さんはチャレンジャーだなと思いました(笑)。これからクランクインなのですが、不倫ドラマで愛人役だとお聞きした時は、もっとドロドロしたものを妄想していたのですが、実際は、コメディタッチに描かれていて、どんな展開になるのか想像ができないですが、新しいアトラクションに乗るような気持ちで、楽しんで挑みたいと思います。今までの不倫ドラマとは180度違う作品だと思うし、台本を読んだ時は、爆笑するくらいおもしろかったので、皆さんにも笑って見てもらえたら嬉しいです。 (C)テレビ東京