卒業間近のSKE48大矢真那、意外な「じゃんけん大会の思い出」
9月24日(日)に名古屋の日本ガイシホールにて開催される「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017」。同日に開催されるのが、SKE48を長らく支えてきた大矢真那の卒業コンサートだ。 今回、光文社より絶賛発売中の「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会 公式ガイドブック2017」では、大矢真那が特別インタビューに答えている。 ―じゃんけん大会の当日、卒業コンサートが開かれることになりましたね。 大矢 はい。だから、じゃんけん大会は出ませんが、大場美奈ちゃんが「真那会で出たい!」って言ってくれていて。真那会っていうのは、かおたん(松村香織)、みなっち(大場)、斉 藤真木子、みこってぃ(内山命)、青木詩織ちゃんと私のことなんですけど、結局出ることはなくなりましたが、立候補するまでものすごく真剣に考えていたんです。どうしたら話題になるか、大会を盛り上げられるか…。たんに仲よしメンバーが組んだだけでは話題になりませんよね。だから、SKE 48の6期生が「栄6期生」として出場するのはいいなと思っています。絆が見えるし、やる気も伝わりますしね。 ―去年の大矢さんは初めて本戦に出場したんですよね。 大矢 去年の秋、中日ドラゴンズが低迷していたから、一緒に頑張ろうという気持ちでドアラと共演したかったんですが、結局できなくて。ドラゴンズのユニホームっぽい衣装で参加したんですけど、それだけでは意図が伝わらなかったと思うので、そのことがいちばん悔しかったというのが、じゃんけん大会の思い出です(笑)。でも、初戦で敗退したので印象は薄いかもしれないけど、ステージに立てただけでもよかったですね。 全ユニットの写真とインタビューが読めるのは「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会 公式ガイドブック2017」https://www.amazon.co.jp/dp/B074WL9PK5 じゃんけん大会は、ニコ生で放送!http://live.nicovideo.jp/watch/lv306055472