AKB48木﨑ゆりあ ”女優川栄李奈”の活躍「私も負けていられない」
AKB48の木﨑ゆりあが、2冊目となる写真集『Stagedoor』(徳間書店)の発売を記念したイベントが行われた。 9月30日にAKB48を卒業する木﨑だが「前作が18歳の時に撮っていて、今は21歳なので、がらっと変わって大人っぽい木﨑ゆりあが詰まっています。卒業発表をした後に撮影をしているので、すっきりした気持ちで撮影に挑めました」とコメント。 写真集のコンセプトはズバリ卒業旅行。「写真だけでなくエアメールが封入されているんですよ。卒業旅行に行っている私から手紙が届くという自分の考えたサプライズがあります。それも楽しんでもらえると思います」と説明した。   写真集の撮影はタイと東京と名古屋で行われた。各地で多くのカットを撮影した中で、一番のお気に入りのカットについて聞いてみると「タイに4日くらい行っていたんですよ。到着した夜は撮影する予定のなかったんですけど、私が飛行機で寝すぎて眠れなくなってしまったので、急遽撮影をすることになりました。そんなノリで撮ったのがスッピンの写真です。これが意外と作品の中でいい感じになっているので気に入っています」と紹介した。 卒業まで後2週間足らずだが、今の心境について問われると「5ヶ月くらい前に卒業発表をしたんですけど、ようやく実感が沸いてきた感じです。このまま卒業しないのではと思うこともありましたけど、最近はメンバーとも会わなくなってしまったので、いま一番淋しい時期ですが、やり残したこともありません」ときっぱり。「(卒業後は)簡単な道ではないですけど、演技の仕事が大好きなので、舞台に映画など色々なところで、ファンの皆さんに見てもらえる機会が増えたらいいなと思います。甘えた気持ちでいられないと思っています」と気を引き締めた。 これまでおバカキャラが浸透している木﨑だが、同じおバカキャラを経て、今女優として大活躍している卒業生の川栄李奈とキャラが被っていると言われるが、「川栄は卒業生の中で一番仲が良いので、川栄の話しを身近に聞くことが多く、頑張っている姿も見ているので、私も負けてられないなと思います」と意識しているようだ。 卒業で恋愛が解禁になるが「最近お兄ちゃんがプロポーズをして結婚することになりまして、幸せを身近に感じたので、私もいつかはプロポーズされたいです。でも当分はそんなことをしている暇は無いので死ぬ気で頑張ります。周りの人からは演技をするためには恋愛をした方がいいといわれるんですけどね」と少々複雑な気持ちを口にした木﨑。9月28日には、かつて所属していたSKE48の劇場で行われる『制服の芽』公演が、そして9月30日にAKB48劇場で卒業公演が行われる。女優としてどう成長していくのか、今から楽しみである。