YOSHIKI「前に進む事がリハビリに」ウルトラFES2017で復活への1歩
YOSHIKIが、9月18日に放送された「MUSIC STATION ウルトラFES2017」(テレビ朝日系)で、オーケストラを従えトリで登場した。 この日の為にスペシャルアレンジされた、名曲『Forever Love“生と死と愛と...”Piano with Orchestra Version』を披露、総勢57組のアーティストが出演した10時間超えの特番のラストを見事に締めくくった。ボーカルの入らないインストの楽曲が同特番のトリを飾ったのは、今日のYOSHIKIのパフォーマンスが初となった。 今日が術後初の音楽番組出演となり、発表以降大きな注目を集めていたYOSHIKI。コルセットを外し臨んだステージでは、まだ痛々しい傷跡が見て取れるものの、それをものともしない力強く圧倒的なパフォーマンスを披露し、視聴者を魅了した。 演奏中ステージの背景には、世界中を飛び回り精力的に活動する様子、またメンバーの死や、自身が立ち向かった首の手術など、X JAPAN、そしてYOSHIKIの軌跡をたどる映像が流され、そのスケールの大きな演出にSNS上では、「トリハダが・・・しびれた」「やっぱりYOSHIKIすごい!」「涙が止まらなくなってしまった。」など、今回のパフォーマンスとスペシャルならではの演出に、感動し絶賛するコメントが続出。見る人の涙を誘ったその感動的なステージは、特番に相応しい、YOSHIKIだからこそなせる堂々たるラストであった。 この後YOSHIKIは直ぐにロサンゼルスに帰国し、アルバムリリースに向け最終の仕上げに入る。更に10月には、映画「WE ARE X」のヨーロッパ劇場公開にあわせ10カ国を巡るプロモーション渡欧も決定している。 YOSHIKIは番組出演後、「まだ首には激痛が走りますが、ドクターにも言われている通り、こうして『前に進む事』がリハビリになっています。このような場を与えてくださり感謝しています。そして、いつも支えてくれるファンのみんな、どうもありがとう。」とコメントを寄せた。