福山雅治 黒柳徹子からオファー受けドラマ「トットちゃん!」主題歌担当
2017年7月クール、テレビ朝日系木曜ドラマ「黒革の手帖」主題歌楽曲提供に続き、10月2日(月)からスタートするテレビ朝日系帯ドラマ劇場「トットちゃん!」主題歌を福山雅治が担当することとなった。 黒柳徹子が福山に主題歌を書いて欲しいと思っているという事を、番組プロデューサーから連絡を受け、今回の話がスタート。楽曲のイメージなどは、黒柳と福山が直接会い、話をするなど、福山らしい丁寧で真摯な楽曲制作が現在進行中だ。 2013年9月に福山がデビュー当時から念願だった「徹子の部屋」に、ゴールデンタイムで放送の特番に出演、(デビュー当時、福山が芸能界で叶えたい夢が3つあり、ラジオ番組『オールナイトニッポン』のパーソナリティを担当すること、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のテレフォンショッキングに出演すること、最後に残った1つが『徹子の部屋』に出演することだった。) 2016年9月にレギュラー枠の「徹子の部屋」に出演、そこでの福山との会話がきっかけで黒柳がインスタグラムを開設したことも話題になった。 「黒革の手帖」主題歌では銀座の最年少ママ、ヒロイン元子の心情を見事に歌い上げた福山が、黒柳徹子の半生を描く「トットちゃん!」の主題歌でどのような楽曲を作りあげるのか、是非期待してほしい。また9/18のテレビ朝日系音楽特番「ミュージックステーション ウルトラFES2017」に福山の出演が決定、黒柳もコメント出演する。 <黒柳徹子コメント> ドラマ「トットちゃん!」ものすごく期待しています。テーマソングも福山さんに作っていただいたぐらいですから。 <福山雅治コメント> 徹子さんご自身からオファー頂くなんて、こんな夢のようなことはありません。と同時に、この楽曲は徹子さんに「素敵だ」と感じていただかなければいけません。かつてこれほどのプレッシャーを感じるオファーがあっただろうかと、産みの苦しみと歓びの間で悶絶しながら制作に臨んでおります。徹子さんのお父様が高名なヴァイオリニストだったことに敬意を表し、サウンドはカルテット(弦楽四重奏)をメインに編曲させていただきました。僕自身のキャリアの中で、ここまでのプレッシャーを体験させていただけるということを光栄に感じながら。徹子さんにお気に召していただけるよう頑張ります。