BiS「プー・ルイ」企画失敗で活動休止へ
2年前に横浜アリーナにて解散した破天荒アイドルグループ新生アイドル研究会BiSをもう一度始めるとしてプー・ルイ、サウンドプロデューサー松隈ケンタ、元マネージャーの渡辺淳之介、つばさレコーズとともに再始動したBiS BiSのリーダ兼汚れ担当のプー・ルイが、豚・プー・ルイの汚名を晴らすべくライザップに通い始めた企画「DiET or DiE」に失敗し、プー・ルイが活動休止になったことが発表された。 今回この企画は、事務所社長のポケットマネーからライザップ代が支払われ、失敗した場合は活動休止となるもの。企画は2017年3月にスタートし、8月にはepisode 6が公開されていたが、ライザップ卒業後も二度の体重測定にてライザップ卒業時の体重を維持することができず、三度目にして遂に「活動休止」となった事が発表された。 今後のライブについては、10/6(金)に実施される「IDOL is DEAD」@赤坂BLITZ含む全公演プー・ルイ抜きの6人で行われる。また、プー・ルイ単独で決まっていたイベントについては、公式より後日発表される予定だ。 BiS始まって以来初めての「プー・ルイのいないBiS」がスタートするが、今後どうなっていくのか目が離せない。