モーニング娘。20年記念イベントで魅せたドラマティックな熱狂の一夜
9月14日にモーニング娘。が誕生して20年を迎えた。テレビ東京のバラエティー番組「ASAYAN」のオーディションで、プロデューサーのつんく♂から、ユニット名を”モーニング娘。”とすると発表されてから、脈々とその名は受け継がれ、今は14期まで総勢41名の同士がいる。 ガールズグループとして20年継続しているグループは、世界を見ても多くはない。そんな国民に長く愛されている”モーニング娘。”の結成20周年記念イベント~21年目もがんばっていきまっしょい!~が東京・新木場STUDIO COASTで開催された。 会場には2,000人のファンが集まり、熱気であふれている。今回のセットリストは、ファンからの楽曲リクエストで上位のものをパフォーマンスするという、20年のモーニング娘。史上初の試みとあり、さらにテンションが上がり、そわそわ状態の中ライブがスタート。1曲目はすべての歴史はここから始まった原点曲『モーニングコーヒー』から。2曲目以降は注目のリクエスト曲が次々披露された。7位『恋ING』(2003年)、6位『I WISH(updated)』(2000年)、5位『シャボン玉』(2003年)、4位『リゾナント ブルー』(2008年)と、シングルのタイトルチューンではない、さすがのファンが選曲したガチランキングに、会場はその都度どよめいた。 ここで”ユニットシングル”のリクエストTOP3が発表され、3位が52thシングル収録で小田さくらと鞘師里保が歌った『大好きだから絶対に許さない』(2013年)、これを小田と野中美希が歌唱、2位はW(ダブルユー)の3rdシングルだった『ロボキッス』を工藤遥と佐藤優樹が歌い、大いに盛り上がった。その後リクエストの3位にランクインした50thシングル『One・Two・Three(updated)』(2012年)、2位の『Fantasyが始まる』(2010年)、そしてリクエスト第1位に輝いたのは、1stベストアルバムに収められておる『Say Yeah!ーもっとミラクルナイトー』と発表されると、ファンの間では”やはり”という印象で喝采が起きた。 ライブ終盤に差し掛かる頃に、”ユニットシングル”リクエストの残る1位を発表、10thアルバム収録曲の亀井絵里、道重さゆみ、田中れいなが歌った『大きい瞳』(2010年)が1位と紹介されると、道重と田中が登場。観客へのサプライズであったため、地響きのような「うおおおおお!!」という大歓声が巻き起こり、感動のあまり泣き出すファンも。興奮の坩堝と化した会場に向け、そのまま道重・田中と’17メンバーとのコラボで、キュートなアイドルソング『彼と一緒にお店がしたい!』をパフォーマンス。 久しぶりに道重&田中の”6期MC”コーナーも復活。2人のマシンガントークが止まらず、予定が押してしまう一幕も。”6期最強説”を再認識するトークスキルに観客も時間が経つのも忘れ大爆笑していた。 ここで、現メンバーの10月4日発売のNEWシングル『邪魔しないでHere We Go!』が衣装のお披露目とともに初披露され、『わがまま 気のまま 愛のジョーク』、本編最後は『What is LOVE?』を全力でパフォーマンスした。 鳴り止まぬアンコールに応えたメンバーは『浪漫~MY DEAR BOY~』をクールにパフォーマンス。そのカッコ良さに観客もさらにヒートアップし、大熱狂となった。 譜久村は「1997年9月14日、つんく♂さんに”モーニング娘。”と名付けていただいて、今日で20年が経ちました。モーニング娘。の歴史ってあらためてすごいなあって誇りに思います。ここにいるみんなもモーニング娘。が大好きで入ってきたメンバーばかりです。道重さんと田中さんに来ていたただいて、(牧野)真莉愛が泣いたりとか、(飯窪)春菜がにやにやしてたりとか、(石田)亜佑美ちゃんが無駄に絡んだりとか、私は亀井さんの話でにやにやしちゃったりとか、12期メンバーは鞘師里保ちゃんに憧れていたりとか、ずーっと続いてるんだなあって。アンコールで譜久村の20年の決意表明をしてと言われたんですが、言葉に簡単にできるものじゃなくって…。(ライブ)始まる前に私が円陣の掛け声をするんですが、それの重みを今日はすごく感じました。20年て言ってもあまり実感ができなくて、ありがとうって言ったらいいのか、おめでとうなのか、どちらかも分からないくらいな気持ちだったんですけど、…何て言うのかなあ…言葉にできない思いを、私たちは”モーニング娘。”だから感じ取らなきゃいけないんだと思います」と声を詰まらせ、涙ながらにファンに語りかけた。 20周年記念イベントの最後は、モーニング娘。が一気にスターダムに駆け上がったきっかけともいうべきミリオンシングル『LOVEマシーン』を観客と大合唱して、一夜限りの熱狂渦巻いたドラマティックなパーティーは幕を閉じた。 これからも受け継がれていくであろう”モーニング娘。”の精神、9月23日からは、秋の全国ツアーが始まり、卒業を表明している工藤遥のラストツアーでもある。こちらもぜひ注目してほしい。