山本彩が大物シンガー達の前で涙の名曲カバー
「UTAGE!まだまだ夏は終わらないぞスペシャル」(TBS系)が9月14日放送され、AKB48グループから指原莉乃、柏木由紀、渡辺麻友、峯岸みなみ、山本彩が登場した。 「UTAGE!」は月曜深夜に放送されていた音楽番組で「音楽を見て・聞いて・楽しむ」というコンセプトの元、深夜のレギュラー放送のみならずこれまで6回ゴールデンタイムの特番としても放送。今回は3時間のスペシャル放送となる。「昭和と平成の盛り上がる曲」を秘蔵映像で振り返ると共に、「UTAGEアーティスト」がスペシャルコラボメドレーを番組史上初となる幕張メッセより1500人の観客と共に放送された。 山本彩はカバーで初の弾き語りにソロで挑戦し、楽曲は斉藤和義の名曲『歌うたいのバラッド』となった。緊張の中、Toshiが歌唱を控える中で、プレッシャーを感じながらの演奏となった。緊張のステージを終えた山本は「頭が真っ白になりました」と言いながら、涙を流す。涙の理由を「こういう機会をいただけたのが嬉しかったので、こういう場所でできて嬉しかったのにうまくできなかったという悔しさ」と語った。 ソロとして、2ndアルバム『identity』の発売も控える山本彩。アイドルとしてだけでなくシンガーとしても今年は大きく注目される年になりそうだ。 写真(C)Sayaka Yamamoto