満島ひかり EGO-WRAPPIN’提供曲MVは「見ていていい感じの気分に」
この夏劇場公開され、4年ぶりの満島ひかり単独主演を務め話題となった映画「海辺の生と死」。物語の舞台となった奄美群島・加計呂麻島から美しいイマジネーションを受けた満島ひかり自身が、映画とはまた違ったアプローチで“愛のものがたり”を語りつぎたいと、EGO-WRAPPIN’に楽曲提供のオファーをし、その思いにふたりが共鳴する形で生まれた『群青』。すでに配信のみでリリースされたが、かねてよりアナウンスされていたアナログでのリリース情報が明らかとなった。 12インチサイズで制作され、A面には表題曲『群青』が、B面には同楽曲のultramarine dub mixが収録となる。アートワークは、配信のジャケットテザインと同様に、コ-ネリアスをはじめとする数多くのCDジャケットで知られるデザイナー・北山雅和が新たに制作。十字架を模したタイトルを満島ひかりが書き入れ、ライナーでは、EGO-WRAPPIN’の中納良恵自らの手書き文字による歌詞があしらわれるなど”アナログ”らしい温もりを感じさせる作品となっている。このアナログのリリースは、9/30(土)にHMVのrecord shop3店舗で先行販売、10/7(土)より一般販売開始となることが決定。 さらに、YouTubeにて同曲『群青』のMusic Videoも公開に。今作のために撮り下ろされた映像で、監督はコトリフィルムの島田大介が担当。海面と水中の境目を、”生と死”の境と捉え、海と一体となったその境界における感覚を表現した映像作品となっている。 <満島ひかり コメント>EGO-WRAPPIN’のふたりの曲と、わたしの声と、 静かに寄りそってくれるミュージックビデオが完成しました。 光と水の世界は、透明でちょっとこわいです。 けれど、見ていていい感じの気分になりました。 <島田大介監督 コメント> 海面と水中の境目は生と死の境に感じる時があります。 海と一体になった時安らぎを感じたり、 急に恐怖を感じたり。 楽曲を聞いた時のそんな感覚を表現しました。