アンジュルムとアプガが最強のコラボステージ、世界初の試みも
アンジュルム、アップアップガールズ(仮)がコラボしたステージ「NTT DOCOMO presents アンジュルムVSアップアップガールズ(仮) ~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~」がZepp Diver Cityにて開催された。この2マンライブは、「ハロプロエッグ時代」より交友関係の有るアンジュルムリーダー和田彩花とアップアップガールズ(仮)佐保明梨が2組でのライブを熱望した事がきっかけとなり実現。アイドルグループの中でもパフォーマンス力が高い両グループだけに、期待が持てるライブとなった。 この日のライブ映像・音声を、イマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」を活用してリアルタイムに伝送し、さらにホログラフィック映像投影技術を活用することで、サテライト会場(タワーレコード渋谷B1CUT UP STUDIO)のステージにアーティストの疑似3D映像を浮かばせ、目の前でライブが行われているような体験が出来る等、ライブ会場以外での仕掛けも披露された。 ライブは『次々続々』『UPPER ROCK』というそれぞれのグループの超盛り上がる楽曲のマッシュアップからスタート。その後、アンジュルム和田彩花が「この二組ということで、最強のライブアイドルを決めたいと思うんですよ!」と宣言。じゃんけんで先攻後攻を決め、結果、アンジュルムが先攻を務めることに。とは言いながらも「リハーサルが楽しすぎた」と口々に話すほど仲よしな二組。 アンジュルムは初っ端から『大器晩成』を力いっぱいに聞かせ会場をロックすると、その後も『出すぎた杭は打たれない』『七転び八起き』『カクゴして』『私、ちょいとカワイイ裏番長』『有頂天LOVE』とカッコイイ、カワイイを取り混ぜた楽曲を披露。新メンバーも迎え、ますますレベルの高くなったパフォーマンスを披露した。 続くアプガもこのテンションに負けじと『チョッパー☆チョッパー』というゴリゴリの盛り上がりソングから。『キラキラミライ』『ジャンパー!』『お願い魅惑のターゲット』『アッパーレー』『アッパーカット!』と続けざまに披露。完成度の高さを見せつけた。 ここで、コラボコーナーへ。『パーリーピーポーエイリアン』で全員が舞台に上がれば『アッパーディスコ』『リスペクトーキョー』とアプガの曲を連発。アンジュルムメンバーも満面の笑顔でステージを楽しんだ。『ドンデンガエシ』からアンジュルムパートへ。『臥薪嘗胆』そしてキラーチューンの『夢見る15歳』と会場はすでに酸欠状態に。『バレバレI Love You』『スキちゃん』で最強のコラボを終了させた。 ここからはアンコール、今回のライブのキッカケを作った和田彩花と佐保明梨が登場し、プライベートでも仲のいい二人の「ラブラブなトーク」を見せつけられる。そして、松浦亜弥の『笑顔に涙 THANK YOU! DEAR MY FRIENDS』を二人でカバー。この映像が「世界初」で渋谷タワーレコードのサテライト会場とホログラムでの中継が繋がる一曲となったと二人は説明をする。最後は全員が登場し、モーニング娘。の『青空がいつまでも続くような未来であれ!』を全員で歌唱。熱すぎるコラボライブを終了させた。