乃木坂46西野七瀬「あさひなぐ」部活生限定試写会で”はにかみスマイル”
9月22日(金)より全国公開される、映画「あさひなぐ」。公開を間近にますます盛り上がりを増しているが、9月12日(火)には、主演の乃木坂46西野七瀬、富田望生、西野演じる主人公の同級生役で出演している乃木坂46の中田花奈と斉藤優里が登壇、部活生限定試写会なるイベントが開催された。 西野と富田が劇中で着た衣装と同じ道着姿で登場。また中田と斉藤は、この日の観客が“部活生限定”ということにちなみ、ジャージ姿で登場した。 また、会場に集まった部活動生も、それぞれがサッカー、野球、水泳、卓球、軽音楽、バスケットボール、テニスなどなど所属する部活のユニフォームに身を包んでの参加となり、あらゆるユニフォーム姿の学生が集結した”青春イベント”となった。 撮影中の部活らしい思い出のシーンを「合宿」と答えた西野。「自分自身は”合宿”の経験ないので、なんとなく憧れがあって、映画の中で体験できたことが嬉しかったです。練習をみっちりしてつらくて、合宿しているお寺を夜中抜け出すんですよ。それも楽しかったです」と振り返った。ま た、「マネージャーをやるとしたらどの部活が良いか?」との観客からの質問では「あんまりハードじゃないのが良いです。私マネージャー向いてないと思うんですよ。」と恥ずかしそうに答えると、MCから「何故ですか?」と問われ、「応援はできるんですけど、マネージメントできない…」と天然の回答に会場が和み、「全然仕事できないと思うんですよね。それでも許してくれる部活なら…」と控えめアピール。メンバーの斉藤や中田からは「許すよ、可愛いから。みんなめちゃ頷いてるもん」と励ました。 最後は富田から、試写会に参加してくれた、毎日真剣に部活動に取り組む学生たちに向け、熱い”本気エール”を贈り、まるで大会前の壮行会さながらの熱気に包まれた。西野は「部活に青春のすべてを懸けた女の子たちのお話です。観て何か感じ取ってくれればと思います」とコメント、退場時には参加者から「可愛い!」「ヤバい!」などの声が飛び、悲鳴にも似た大歓声が巻き起こった。