NGT48荻野由佳、新センターに「何が何だかよくわかっていない」
NGT48にとって、およそ8ヵ月ぶりとなる待望の2ndシングルが12月6日にリリースとなることが、9月7日のNGT48劇場でのTeam NⅢ「誇りの丘公演」にて発表された。 この日の出演メンバー23人全員でアンコール最後の曲を終え、キャプテンの北原が「それでは最後にみんなで挨拶をしましょう・・・」と言いかけたところで、ステージの巨大なLEDスクリーンに、ドーンという効果音と共に“特報”の文字が表示される。メンバーと観客がどよめく中、メジャーデビュー直前にメンバー全員で全国各地をまわったキャンペーンの模様、そしてシングル『青春時計』が発売初日にデイリー1位を獲得したことをメンバーが初めて知った時の様子などが映像で映し出される。そして、スクリーンに映し出される 「NGT48 2ndシングル2017.12.6 発売」の文字。メンバー、そして劇場を埋め尽くした観客からの割れんばかりの大きな歓声と拍手が巻き起こった。2ndシングルの選抜メンバーは、Team NⅢの16名(荻野由佳、小熊倫実、柏木由紀、加藤美南、北原里英、佐藤杏樹、菅原りこ、高倉萌香、太野彩香、中井りか、西潟茉莉奈、長谷川玲奈、本間日陽、村雲颯香、山口真帆、山田野絵)に、今回、初選抜となる研究生の角ゆりあと宮島亜弥の2名を加えた18名。 そして、センターは、6月に沖縄で開催された第9回AKB48選抜総選挙にて、昨年の圏外から速報1位、確定で5位と“神7”入りを果たし、一躍時の人となった荻野由佳がつとめることも発表となった。荻野は、デビューシングル『青春時計』のカップリング曲『出陣』でセンターをつとめたことはあるが、表題曲でセンターをつとめるのは初となる。また、初選抜となった角と宮島は、研究生ながら、同総選挙において、AKB48の最新シングル『#好きなんだ』のカップリング曲に参加出来る上位80位以内にランクインしており、まさしく、NGT48旋風が巻き起こった今年のAKB48選抜総選挙での勢いをそのまま真空パックしたようなシングルとなる。 センターに選ばれた荻野は、泣きじゃくりながら、「NGT48が2ndシングルを出すことになりました。私がセンターをつとめさせていただくことになりました。正直、今、発表になって、まだ頭の整理が出来ていなくて、もう何が何だかよくわかっていない状況ではありますが、こうして選んでいただいたからには、一生懸命NGT48を引っ張っていきたいと思いますし、皆さんがずっと待っていてくれた大事な大事な2ndシングルなので、NGT48がより全国へは羽ばたいていけるよう、私も精一杯、一生懸命、がんばらせていただきたいです、がんばらせて下さい!」と決意を述べ、観客からは「がんばれよー!」と大きな拍手が送られた。写真(C)AKS