乃木坂46若月佑美&欅坂46佐藤詩織「第102回二科展」共に入選の快挙
2017年9月6日(水)から18日(月)まで、東京・国立新美術館にて開催される「第102回二科展」にて、乃木坂46の若月佑美が自由テーマ:ポスター部門(A部門)にて6年連続となる入選、また欅坂46の佐藤詩織が自由テーマ:マルチグラフィック部門(D部門)にて初入選した。さらに佐藤詩織は、初入選と同時にD部門の奨励賞も受賞するという快挙を成し遂げた。 今回の「第102回二科展」に応募された作品数は合計1,004作品にのぼる。その中からの入選作品は352作品、さらに入賞作品は32作品と狭き門。 両グループとも日本を代表するトップアイドルグループだけに、アイドル活動は多忙で、時間をみつけて作品を手掛ける事は前途多難であったに違いない。 6年連続入選した若月佑美は、「6年連続の入選は本当に嬉しい限りですが、年々楽しさよりも難しさを感じています。今回もなかなか時間が無い中でしたので、時間がある時に作り続けていたいくつかの作品を合わせて完成させました。人間が植物を育てているのではなく、植物が人間を育ててくれている、という事をテーマに描きました。」 また初入選・初入賞し、現在も美大に通う現役女子大生の佐藤詩織は、「若月さんが毎年「二科展」に入選されていた事は知っていて、私も挑戦しようと今回応募させて頂きました。初入選・初入賞はとにかくビックリです。グラフィックだけでなく、最近ではカメラにも興味があり、歩きながら街の風景をよく撮影しています。今回の作品は、あえてフィルムカメラを使用して、都会的な東京にレトロなエッセンスを加える事をテーマにしました。」 自分たちが属するグループのCDジャケットやオフィシャルグッズなどのデザインもいつか手掛けてみたいと語っていた若月佑美と佐藤詩織。 マルチな才能を持つメンバーが豊富な“坂道シリーズ”は、上昇気流真っ只中だ。