福原遥10代最後の年 想像との違いに焦り「あっという間」
クッキングアイドル「アイ!マイ!まいん!」(NHK)の柊まいんとして注目を浴び、現在は女優として活躍中の福原遥が、3rd写真集『いつのまにか。』(ワニブックス)の発売を記念したイベントが行われた。 写真集の出来上がりについて問われると「18歳の時の1年間を通して撮影をしたので、色々な思い出もあります。夏は沖縄に行ったりと冬に北海道に行ったり、春にお花見をしたり、色々なところで撮影をしました。1年という期間で撮ったので、自分が成長しているところも感じられて、飽きない写真集に仕上がっていると思います」とアピールした。 一番のお気に入りは雪の中でのシーン。「ずっと雪の中で撮影したい希望があったんですよ。真っ白な服を着て真っ白な雪と一緒って素敵じゃないですか。寒かったですけど、ずっと夢だったので、寒さ以上に楽しかったです。雪って歩いた後に足跡が残ってしまうので、その足跡を残さないようにするのが大変でした」と話した。写真集の自己採点については「98点です。2点足りないのは、まだこれ以上にもっと良い写真集を撮りたいという思いもあって、さらに自分に期待を込めてです」と答えた。 8月28日に19歳の誕生日を迎えた福原だが「18歳の1年を振り返るとあっという間って感じでしたね。20歳になるのもあっという間だと思うので、自分が小さい頃に想像していた19歳と現実になった19歳の違いに焦りがあります。でも20歳までまだ後1年ありますので、学生の役を10代のうにちたくさんやりたいと思います。他のも今まで演じたことの無い役もいいですよね。例えば悪役だったり暗い無口な女の子だったりとかそういう役にも挑戦してみたいです。」と語った。 19歳の誕生日を迎えたことでサプライズでケーキが運ばれると「わーすごーい。ケーキの形がハートになっている。でも今は食べられないんですよね」とちょっと拗ねた顔を見せた。写真集のタイトル通り”いつのまにか。”成長したまいんちゃんだが、大人の女優として活躍している姿を見て当時を知るファンもさぞ感慨深いだろう。今後もさらなる期待が持てそうだ。