鈴木ふみ奈が魅せる「たっぷり張り詰めたHカップ美乳」
96cm Hカップの美巨乳に、目を見張る曲線美を描くSラインで、バストもくびれもおしりも評価の高いグラビアアイドル鈴木ふみ奈。 たっぷりと張り詰めた美乳はグラビア界でもレジェンド級。2年前に発売した1st写真集『奇跡のH。』(リイド社)では完売レベルの記録を打ち立て、昨年の2nd写真集(双葉社)も高セールスをマークした。このほど3冊目となる最新写真集『FISH』(リイド社)が9月4日(月)に発売となるが、それに先駆けでの記念イベントが東京・神保町の書店で行われた。 撮影は沖縄の離島、古宇利島。「誕生日を迎えて27歳になったその日からの自分が収められています。今回写真集を発売するにあたって、普通の写真集ではなく、よりメッセージ性が込められていて、いろんな人がいろんな妄想をしやすいような作品にしたいということで、自分のなかでも古宇利島の写真を検索して、自分の衣装と照らし合わせてストーリーもかなり考えました」とアピールした。 お気に入りのショットを聞かれると「グラビアやってきてこんなの着たことない。こんなトリッキーな水着がまだこの世に存在するんだと思って、まだまだグラビア面白いことできるなってあらためて発見できた写真です」と興奮気味に語った。その衝撃度はぜひ紙面で確認してほしい。表紙となった写真についても「最初はただの白いワンピースだったんですが、私カメラマンさんの世界観に入り込んでしまうところがあって、気付いたら泥水にまみれ、土で汚れ、服がビリビリに破けてました。これは予想できないセクシーかなあって思います」と告白。 「3冊目の写真集を撮り終えてですね、グラビアも7年もやってますと、”あー、けっこうやり尽くしてきたなあ”って気持ちが出てくるんですけど、そういうものが考え方次第で、もっといろんな表現だとか、衣装の幅だとかも広がるんだなと、あらためて気付かされて非常に勉強になりました」と語った鈴木。 今回の写真集の裏テーマは”不自由”。タイトルである『FISH』、すなわち魚は自由に陸に上がることができない。蒼海から生まれ出て地上を冒険する魅惑の”魚”らしきビーナスが、ときにゆるやかに自由を奪われ、ここではないどこかに焦がれて”ふみ奈”が覗かせるのは、切ないほどの無邪気さと、艶めいた色気。”ふみ奈FISH”の煽情的な変貌の数々は、”不自由”だからこそ感じたい”解放感”を表現しているのかもしれない。