Aimer初の日本武道館ワンマン 平日開催も13,000人を動員
一度聞いたら忘れられない、深みのあるハスキーボイスが話題の女性シンガーAimer(エメ)が、8月29日(火)に自身初となる日本武道館でのワンマンライブ「Aimer Live in 武道館 ”blanc et noir”」を開催し、平日にもかかわらず会場には13,000人ものオーディエンスが来場した。 オーディエンスに360度囲まれたセンターステージには、バンドメンバーにも囲まれる形で、白いドレスを身にまとったAimerが武道館のど真ん中に堂々と立った。1stアルバムの1曲目も飾った『TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR』でライブは幕を開け、その優しくも圧倒的な存在感の唄声を会場内に響き渡せつつ、爽やかな疾走感溢れる楽曲『スピカ』を続けて披露。その後は『カタオモイ』『March of Time』など、ベストアルバム『BEST SELECTION “blanc”』に収録の優しいバラードの数々を披露し、“blanc(白色)”をテーマに掲げた前半は『蝶々結び』で感動的に幕を閉じた。 数分間の転換の後に、漆黒の闇に包まれた会場の中心には黒いドレスを身にまとったAimerが再び登場。TK(凛として時雨)が楽曲提供した『us』を披露し、前半から一変してパワフルでエモーションな後半“noir(黒色)”が幕を開けた。『Brave Shine』『RE:I AM』などの代表曲を披露する中、10月11日にリリースされる通算13枚目のシングルに収録の新曲『花の唄』も初披露された。『花の唄』は2017年10月14日公開の劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel] I.presage flower」主題歌で、同作品の劇伴音楽を手掛ける梶浦由記が楽曲提供・プロデュースを手掛けており、Aimerも「デモをいただいた時から、虜になってしまった。」と楽曲への思い入れを語った。ライブ終盤には、ベストアルバムから“心機一転”という気持ちを込めたという『zero』もパフォーマンスし、4thアルバムのラストを飾った『Stars in the rain』で本編を締めくくった。 鳴りやまない拍手にこたえて、『花の唄』同様に最新シングルに収録される新曲『ONE』をアンコールで初披露。Aimerとしては珍しいアップテンポナンバーに会場はこの日一番の一体感に包まれた。アンコールの最後はデビュー曲『六等星の夜』を披露。同楽曲が新たなアレンジで生まれ変わり、最新シングルにも収録される『六等星の夜 Magic Blue ver.』がコニカミノルタプラネタリウム“天空”リニューアルテーマソングとなることも発表された。 なお、今回のライブは全国26か所の映画館ならびに香港、台湾、韓国でもライブビューイングにて生中継が実施された。香港では開催前より全会場が完売となっており、武道館会場内、日本全国、さらには海外に渡って、Aimer初の日本武道館ワンマンライブは大盛況の後に幕を閉じた。 (C)Taku Fujii