NMB48市川美織ニコ生 卒業続くメンバーへの思い語る
これからブレイクするであろうアイドルたちを応援するニコニコチャンネル「NEXTアイドルをさがせ!」のニコ生特番「NMB市川美織にアイドルを学ぶ」が25日生放送された。 芸人キクチウソツカナイとのコンビもなかなか板に付いてきた市川。オープニングトークでは8/2発売のNMB48 3rdアルバム『難波愛~今、思うこと~』がオリコンチャートで1位になったことと、初のアジアツアーとなった「NMB48アジアツアー」のタイ公演が大盛況だったことをファンに報告した。 今回のゲストは、現在人気急上昇中の”ニジマス”こと26時のマスカレイドの吉井美優、応募者数6,000名・予算1億5000万円という巨大プロジェクト「ドリームプロジェクト」に選ばれている中丸葵、吉井あずさ、そしてグラビアアイドルの森田ワカナが登場、いずれも初共演となる市川とのトークに花を咲かせた。 「ドリームプロジェクト」の中丸と吉井は、実はまだオーディション中で、確定メンバーではないという衝撃事実が判明し、MCの2人も絶句。森田は可憐な容姿とはイメージが異なり”農業高校”出身で、夏休みの宿題がメロンを実らせることといい、その大きさで成績が決まるという「農業高校あるある」を披露したり、今年の「TOKYO IDOL FESTIVAL」メインステージ争奪ライブで優勝し、一気にアイドルファンにその存在を知らしめた”ニジマス”の吉井は、特技の”歯笛”が、”いっこく堂”の腹話術のように口元の表情が全く変わらず、その上巧いと大好評だった。またヤングジャンプの表紙対決「サキドルエース」では初のグラビアを披露したが、「虹のコンキスタドールさんが強敵です」と自信は全くないと遠慮気味な発言。「(虹コンの)オタクさんが財力が強いって…」とぶっちゃけトークにユーザーも大いに盛り上がった。 「会員限定チャンネル放送」前半では市川が、最近卒業発表が続いたAKB48グループメンバーへの思いを綴った。10月31日さいたまスーパーアリーナでの卒業コンサートが発表された渡辺麻友には「同じ埼玉出身で、事務所の先輩です。最後のコンサートにちょこっとでも出られたらいいなと思っています。麻友さんは私にとってもみんなにとっても王道アイドルなので、私も”NMBのまゆゆ”になれるように頑張りまゆゆー!」と笑顔を見せた。NGT48 2周年ライブ時に卒業を発表した北原里英とは「紅白選抜で、大家(志津香)さんと抱き合って喜んでいたら、横山(由依)さんと北原さんもその輪に入って来られて、4人で喜んだのが印象的だったんですけど、3人は地方組で絆が深い方たちだったので、私その中に入っちゃって(笑)嬉しかったです。そこから(シングル)選抜に入ったりして近くになって、ちょっとずつ仲良くなっていったさなかに…」と意外なエピソードを披露した。 NMB48では今月で卒業する須藤凜々花に「同じチームなので、最後まで笑顔で送り出せたらと思っています。衝撃的ではありましたけれども、りりぽんらしいなと。”NMBの爆弾娘”のような存在がいなくなるのは寂しいですね」と語り、「爆弾娘といえば百花ちゃんが卒業というのがつらい」と木下百花について話し出した。「ももちゃんは私がNMB48に来て一番初めに仲良くなったというか、心が通じ合った子で、初めて神戸デートして観覧者乗ったのも、ももちゃん。それがすごく”男前”で、その時のデート代、全部払ってくれたんですよ!(卒業)発表の時にすぐ”悲しい、泣きそう”とメールしたんですよ。そうしたら”なんですか、その可愛い対応は?”って。”市川さんはまだNMBにいてもだいじょうぶですよ”って言ってくれて。これから先は未定って本人も言ってましたけど、演技も定評があるし、のほほんと残っていそう。私にとってももちゃんは大事な人なので、これからも繋がっていければ。」と今の思いを吐露した。 番組後半ではふたたび、ゲストの4人が集合し、「最後の夏を盛り上げろ!夏の一言グランプリ」なる企画で、可愛く、そしてセクシーにあるシチュエーションでキメの一言をアドリブで披露。市川の百戦錬磨の対応力に驚きながらも、必死に対応し、たくさんの声援を受けていた。