NMB48、UNIDOLイベントで「アイドルとして負けていられない」
「UNIDOL2017 Summer supported by MARUCHAN QTTA 決勝戦」へNMB48が出演し、谷川愛梨、内木志、堀詩音、古賀成美、日下このみ、山尾梨奈、林萌々香、東由樹、加藤夕夏、川上千尋、磯 佳奈江、安田桃寧、川上礼奈、石田優美、西澤瑠莉奈、大段舞依が参加をした。このイベントは、MCに「岡井千聖」、ランク王国MC「加藤里保菜」が担当し新木場STUDIO COASTにて盛大に開催された。 UNIDOL(ユニドル)とは、日本唯⼀の大学対抗アイドルコピーダンスコンテスト。今回で10回目を迎えている。 シークレットゲストとして登場したNMB48は、登場とともに悲鳴のような大歓声が沸き起こる。まずは、夏の定番『ナギイチ』からライブはスタート。谷川愛梨、加藤夕夏を中心としたダンスはキレが良く圧倒。MCでは、「48グループの楽曲も多く踊っていただいて、同年代の女の子たちのダンスを見て、アイドルとして負けていられない」とコメント。 その後は、『まさかシンガポール』、『北川謙二』と盛り上げ、超盛り上がりソング『ドリアン少年』を会場と一体になりながらパフォーマンスした。アジアツアー、アリーナツアーとライブが目白押しのNMB48の勢いを感じさせるステージとなった。